スクエニHD、第2四半期は経常益71%減 家庭用ゲームの販売数量減で

 スクウェア・エニックス・ホールディングス<9684>の第2四半期累計(4-9月期)の連結業績は、売上高680億5600万円(前年同期比24.8%減)、経常利益35億2000万円(同71.1%減)、四半期純利益17億2300万円(同35.8%減)となりました。

 主力の家庭用ゲームソフトの新作の販売数量が伸び悩んだことに加え、アミューズメント施設の運営も低調だったようです。家庭用ゲームソフトでミリオンセラータイトルとなったタイトルは、『ケイ  アンド リンチ2 ドッグ・デイズ』と『ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2』の2タイトルにとどまったとのこと。

 3月通期は、売上高1600億円(前期比16.8%減)、経常利益200億円(同28.1%減)、当期純利益120億円(同26.2%増)を見込んでいます。

株式会社スクウェア・エニックス
https://www.jp.square-enix.com/

会社情報

会社名
株式会社スクウェア・エニックス
設立
2008年10月
代表者
代表取締役社長 松田 洋祐
決算期
3月
直近業績
売上高2511億6800万円、営業利益556億6800万円、経常利益587億9600万円、最終利益413億9600万円(2021年3月期)
上場区分
非上場
企業データを見る
株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス
https://www.hd.square-enix.com/jpn/

会社情報

会社名
株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス
設立
1975年9月
代表者
代表取締役社長 松田 洋祐
決算期
3月
直近業績
売上高3652億7500万円、営業利益592億6100万円、経常利益707億400万円、最終利益510億1300万円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
9684
企業データを見る