【ゲーム株概況(7/22)】外資が投資判断格上げのコナミグループが買われる 電通とNFT事業のパートナーシップ締結のモバイルファクトリーは往って来いに

  • 7月22日の東京株式市場では、日経平均は7日続伸し、前日比111.66円高の2万7914.66円で取引を終えた。朝方は売り物が先行した場面があったものの、米長期金利の低下による米国市場の上昇もあり、国内市場も半導体関連株などに買いが入る形となった。

    そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、コナミグループ<9766>やカプコン<9697>、セガサミーHD<6460>など大手ゲーム株が総じて買われた。コナミグループは、ジェフリーズ証券が投資判断を「Hold」から「Buy」に格上げし、目標株価も8840円から8880円に引き上げたことが市場の関心を集めたようだ。

    また、同様にセガサミーHDは、マッコーリーキャピタル証券が投資判断を新規「アウトパフォーム」とし、目標株価を3100円に設定している。

    ほか、壽屋(コトブキヤ)<7809>やユークス<4334>、HEROZ<4382>などが強さを見せた。

    半面、電通とNFT事業のパートナーシップ契約を締結すると発表したモバイルファクトリー<3912>は、一時1310円まで買われる場面があったものの、一巡後はマイナス圏に沈むなど往って来いの動きとなった。

    オルトプラス<3672>やサイバーステップ<3810>、enish<3667>なども安い。

株式会社モバイルファクトリー
http://www.mobilefactory.jp/

会社情報

会社名
株式会社モバイルファクトリー
設立
2001年10月
代表者
代表取締役 宮嶌 裕二
決算期
12月
直近業績
売上高28億9700万円、営業利益8億5000万円、経常利益8億5300万円、最終利益5億3800万円(2021年12月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3912
企業データを見る
コナミグループ株式会社
http://www.konami.com/

会社情報

会社名
コナミグループ株式会社
設立
1973年3月
代表者
代表取締役会長 上月 景正/代表取締役社長 東尾 公彦
決算期
3月
直近業績
売上高2995億2200万円、営業利益744億3500万円、最終利益548億600万円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム(ロンドン証券取引所にも上場)
証券コード
9766
企業データを見る
セガサミーホールディングス株式会社
http://www.segasammy.co.jp

会社情報

会社名
セガサミーホールディングス株式会社
設立
2004年10月
代表者
代表取締役会長 里見 治/代表取締役社長 グループCEO 里見 治紀
決算期
3月
直近業績
売上高3209億4900万円、営業利益320億4200万円、経常利益333億4400万円、最終利益370億2700万円(2021年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
6460
企業データを見る