サイバーエージェント、第3四半期(22年4-6月)決算は営業益76%減 『ウマ娘』が「フィーバー状態」だった反動(藤田社長) ネット広告とABEMA拡大でソフトランディングに手応え


サイバーエージェント<4751>は、この日(7月27日)、2022年9月期 第3四半期(22年4月~22年6月)の連結決算について、売上高1721億5500万円(前年同期比10.4%減)、営業利益103億7100万円(同76.7%減)、経常利益105億4900万円(同76.4%減)、最終利益35億4400万円(同81.7%減)と減収・大幅減益となったことを明らかにした。

・売上高:1721億5500万円(同10.4%減)
・営業利益:103億7100万円(同76.7%減)
・経常利益:105億4900万円(同76.4%減)
・最終利益:35億4400万円(同81.7%減)


決算説明にあたった藤田晋社長(写真)は、昨年2月にリリースした『ウマ娘 プリティダービー』が前年同期は「フィーバー状態だった」こともあり、この四半期に関しては「反動減で下がることは想定線だった」とコメント。今後は反動減をいかにソフト・ランディングさせるかが経営課題だったそうだ。

「ABEMA」がペイパービューと周辺事業(ウインチケット)の売上が伸びたことに加え、ネット広告も繁忙期後の厳しい四半期でも過去最高の売上を記録した。ソフトランディングを順調にこなしていると手応えがあるとコメントしたが、ゲーム事業の反動減を吸収する状況になりつつあるようだ。

株式会社サイバーエージェント
http://www.cyberagent.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社サイバーエージェント
設立
1998年3月
代表者
代表取締役 藤田 晋
決算期
9月
直近業績
売上高6664億6000万円、営業利益1043億8100万円、経常利益1046億9400万円、最終利益415億5300万円(2021年9月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
4751
企業データを見る