KOMODO、VALVEと提携しアジア地域における「Steam Deck」の提供計画を発表 2022年後半に59,800円で発売予定

Komodoは本日(8月4日)、 Valve が北米と欧州で販売しているポータブルゲーム端末、 「Steam Deck」をアジア地域で提供する計画を明らかにした。

初回分は、 日本、 韓国、 香港、 台湾で 2022年の年末に出荷される予定で、 オンライン予約は本日より、 https://steamdeck.komodo.jp で受け付けている。

「Steam Deck」は、 AAAタイトルなど世界的に有名なゲームをはじめ、 世界中のゲーマーに親しまれている数千ものゲームが動作するパワフルな携帯ゲーム機です。使いやすさ、 人間工学、 快適さを追求し、 それぞれのゲーマーのプレイスタイルに合わせたカスタマイズも可能。出荷は日本から開始され、 その後数週間以内に韓国、 香港、 台湾にも出荷する予定だ。

Komodoは、 今回のValveとの「Steam Deck」の配信以外にも、 Steam向けのゲームの開発・パブリッシングを行っており、 今週末に京都で開催されるBitSummit および9月の東京ゲームショウで、 「Steam Deck」での初の自社制作作品を公開する予定。


KomodoのCEOであるリッキー・ウーイは、 「アジアのゲーマーにSteam Deckを提供できることを大変光栄に思っていますし、 今週末の京都と来月の東京ゲームショウで「Steam Deck」、 そして初の自社開発ゲームを紹介することを楽しみにしています」と述べている。

なお「Steam Deck」は、 今年後半に以下の価格でアジア地域に出荷される予定。

日本:¥59,800
台湾:NT$13,380
香港:HK$3,288
韓国:₩589,000