【ゲーム株概況(8/4)】サイバーエージェントが5日続伸 1Q営業益が27.8%減と大幅減益のセガサミーHDは後場に入って急落 東映アニメが買われる

  • 8月4日の東京株式市場では、日経平均は続伸し、前日比190.30円高の2万7932.20円で取引を終えた。前日の米国市場が上昇したことに加え、為替が1ドル=134円台まで円安方向まで振れたことで、一時2万8000円台を回復する場面もあった。

    そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、サイバーエージェント<4751>が5日続伸したほか、コロプラ<3668>や東映アニメ<4816>などが買われた。

    東映アニメは、先日、岩井コスモ証券が投資判断「A」を継続し、目標株価を1万2000円から1万3000円に引き上げていることも追い風となっているようだ。

    ほか、オルトプラス<3672>やcoly<4175>、アエリア<3758>なども高い。

    半面、ワンダープラネット<4199>が5日続落したほか、前場引け後に発表した第1四半期決算が営業利益で前年同期比27.8%減と大幅な減益となったセガサミーHD<6460>も後場に入って急落した。

    大手ゲーム株では、カプコン<9697>やコナミグループ<9766>もさえない。

    サイバーステップ<3810>は、NFT販売スケジュールを延期したと伝えられたことで、大幅続落した。

セガサミーホールディングス株式会社
http://www.segasammy.co.jp

会社情報

会社名
セガサミーホールディングス株式会社
設立
2004年10月
代表者
代表取締役会長 里見 治/代表取締役社長 グループCEO 里見 治紀
決算期
3月
直近業績
売上高3209億4900万円、営業利益320億4200万円、経常利益333億4400万円、最終利益370億2700万円(2021年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
6460
企業データを見る
東映アニメーション株式会社
http://corp.toei-anim.co.jp/

会社情報

会社名
東映アニメーション株式会社
設立
1948年1月
代表者
代表取締役社長 高木 勝裕
決算期
3月
直近業績
売上高570億2000万円、営業利益181億0700万円、経常利益188億2200万円、最終利益128億2000万円(2022年3月期)
上場区分
東証スタンダード
証券コード
4816
企業データを見る