スクエニHD、第1四半期の出版事業はデジタル・紙媒体の売上が減り減収減益


スクウェア・エニックス・ホールディングス<9684>は、8月4日、第1四半期の出版事業の業績を発表し、売上高が前年同期比13.6%減の62億6100万円、営業利益が同23.1%減の24億9800万円と減収減益だった。

同社では、デジタル販売及び紙媒体の販売が前年を下回った、としている。売上高の内訳を見ると、デジタルが同10.0%減の36億円、紙媒体が同18.7%減の26億円だった。

 

なお、主な作品・サービスとして、

・マンガUP!
・転生賢者の異世界ライフ
・黄泉のツガイ
・地縛少年花子くん

をあげた。

業績推移は以下のとおり。これをみると、前四半期に大きく伸びており、反動があったともとれる。

 

株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス
https://www.hd.square-enix.com/jpn/

会社情報

会社名
株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス
設立
1975年9月
代表者
代表取締役社長 松田 洋祐
決算期
3月
直近業績
売上高3652億7500万円、営業利益592億6100万円、経常利益707億400万円、最終利益510億1300万円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
9684
企業データを見る