バンダイナムコHD、第1四半期の家庭用ゲームの売上高は55%増の405億円と大幅増 大型新作不在も『エルデンリング』などリピート販売で伸ばす


バンダイナムコホールディングス<7832>は、この日(8月5日)、第1四半期(2022年4~6月)の決算発表で、家庭用ゲームソフトの売上高が前年同期比で54.6%増の405億円と大幅に増えたことを明らかにした。ソフト販売は同13.7%増の1144万4000本だった。

同社では、大型の新作タイトルの発売はなかったものの、前の期に発売したワールドワイド向けタイトル『ELDEN RING(エルデンリング)』など過年度発売タイトルのリピート販売が好調に推移した、としている。

過年度発売タイトルのリピート販売は、前期以前に開発費を計上しているため、新作に比べると利益率が高くなる傾向にある。リピート販売の伸長で、ゲームを展開するデジタル事業のセグメント利益は148%増の294億円と大きく伸びた。

四半期別の売上高と販売本数の推移は以下のとおり。

 

株式会社バンダイナムコホールディングス
http://www.bandainamco.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社バンダイナムコホールディングス
設立
2005年9月
代表者
代表取締役社長 川口 勝
決算期
3月
直近業績
売上高8892億7000万円、営業利益1254億9600万円、経常利益1336億800万円、最終利益927億5200万円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
7832
企業データを見る