ネクソンのオーウェン・マホニー社長、20年目に入った『メイプルストーリー』は「まだまだ大きく成長できる」 長期にわたる成長は「誰にもなし得なかったこと」

ネクソン<3659>のオーウェン・マホニー社長は、2022年12月期の第2四半期の決算説明会(テレフォンカンファレンス)で、『メイプルストーリー』について韓国でのリリースから20年目に入ったが、「まだまだ大きく成長できる」との見方を示した。

韓国における同タイトルは、2021年では短期的に減速したものの、第2四半期の売上収益が前年同期比で38%増加した。また、2003年のサービス開始から2020年までに売上収益が2倍に成長し、過去3年間の年平均成長率は25%を達成した。

昨年、一時的な減速の要因となった、ゲーム内課金アイテムの確率開示については、ゲーム内課金アイテムの開示を拡充し、新たなコミュニケーション・チャンネルを開設し、短期的な売上促進よりもプレイヤーとの関係強化を優先したという。

こうした取り組みにより、売上促進のペースを緩める一方、ゲームを活性化し、プレイヤーを復帰させるためのコンテンツを拡充した。プレイヤー満足度を示す重要指標も好業績を達成した2020年よりも高い数値になったそうだ。

「これほどに長期にわたってライブゲームを成長させることは、世界のゲーム業界でも誰も成しえなかったことです」と胸を張った。同社の誇るライブ運用力により、引き続き成長させていく考えだ。

株式会社ネクソン
http://www.nexon.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ネクソン
設立
2002年12月
代表者
代表取締役社長 オーウェン・マホニー/代表取締役CFO 植村 士朗
決算期
12月
直近業績
売上収益2744億6200万円、営業利益915億4100万円、最終利益1148億8800万円(2021年12月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3659
企業データを見る