アドウェイズ、スマートフォン広告配信サービス「AppDriver」にアクセス解析機能を追加-Android端末にも対応

 アドウェイズ<2489>は、2月7日、スマートフォン向け広告配信サービス「AppDriver」において、新たにアクセス解析の機能を実装すると同時に、Androidアプリへのサービスの提供も開始する、と発表した。  「AppDriver」では、コンテンツプロバイダーに、主にリワード広告とCPI広告の機能を提供していた。今回、新たにアクセス解析の機能を追加することにより、アプリ起動回数や起動時間など、アプリをインストールした後のユーザーの行動を解析することが可能になったという。  さらに、iPhoneアプリだけでなく、Androidアプリにも対応することになった。Androidアプリは、アプリのリリースが急増しており、こうした動きに対応したものと思われる。  なお、CPI広告とは、Cost Per Installの略で、アプリのインストールを成果として、広告費が発生する仕組みの広告のこと。リワード広告を掲載しているアプリに広告を出稿する機能のようだ。   サービス紹介サイト: http://appdriver.jp/
株式会社アドウェイズ
http://www.adways.net/

会社情報

会社名
株式会社アドウェイズ
設立
2001年2月
代表者
代表取締役社長 山田 翔
決算期
3月
直近業績
売上高490億2000万円、営業利益16億2600万円、経常利益18億6600万円、最終利益14億2200万円(2021年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
2489
企業データを見る