東京通信、メタバース事業創出を目的としたArithmerとNSCホールディングスとの合弁会社アミザの設立が完了

  • 東京通信<7359>は、本日(8月18日)、6月28日で子会社のMETAVERSE A CLUB(メタバース エース クラブ)がArithmerとNSCホールディングスと合弁契約を締結していたメタバース事業創出を目的とした合弁会社アミザを8月15日付で設立したことを発表した。

    合弁会社アミザは、AI・3DCGを機能させたプラットフォームに関する事業全般を手掛ける予定であり、そのプラットフォームは2022年12月期第4四半期にβ版が完成する見込みとしている。

    なお、この合弁会社設立による東京通信グループの連結業績に与える影響は軽微な見込みだが、今後の状況に公表すべき事項が生じた場合は速やかに開示するとしている。

株式会社東京通信
https://tokyo-tsushin.com/

会社情報

会社名
株式会社東京通信
設立
2015年5月
代表者
代表取締役会長 外川 穣/代表取締役社長CEO 古屋 佑樹
決算期
12月
直近業績
売上高47億3100万円、営業利益4億6500万円、経常利益4億2400万円、最終利益2億200万円(2021年12月期)
上場区分
東証グロース
証券コード
7359
企業データを見る