CROOZ Blockchain Lab、プロジェクト『PROJECT XENO』のアンバサダーにヒカルさんが就任



CROOZ Blockchain Labは、9月22日、プロジェクト『PROJECT XENO』に、チャンネル登録者数約484万人(9月20日現在)を誇る人気YouTuberであるヒカルさんがアンバサダーとして就任すると発表した。

PROJECT XENOは「GameFi」と「e-Sports」を備えたタクティクスPvP(Player vs Player)ゲームとなる。

NFTキャラクターを保有するプレイヤーはゲームをプレイすることでやNFTを獲得できる。プレイヤーはアプリ内に用意されるウォレットとマーケットプレイスによりシームレスにNFTをトレード可能だ。

プレイヤーの収益はアプリ内口座「General」にセキュアな状態で保存される。

Web3元年とも言われている今年は、次世代のワールド・ワイド・ウェブとして、ブロックチェーンやNFTへの注目が高まっている。


■ヒカルさん就任コメント
アンバサダーに任命頂きありがとうございます。
ご存知の方もいるかと思いますが、僕のYouTube人生はゲーム配信からスタートしています。
そんな僕の原点が、今後注目されている業界に挑戦していきます。

僕はこの挑戦を全力で楽しみます!
視聴者の皆様、関係各社も全力で楽しんでください!


■関連サイト

クルーズ株式会社
http://crooz.co.jp/

会社情報

会社名
クルーズ株式会社
設立
2001年5月
代表者
代表取締役社長 小渕 宏二
決算期
3月
直近業績
​売上高154億7700万円、営業利益12億3800万、経常利益12億9200万円、最終利益3億1000万円(2022年3月期)
上場区分
東証スタンダード
証券コード
2138
企業データを見る