ビットバンク、暗号資産アスター(ASTR)の取扱いを9月26日に開始



ビットバンクは、9月26日に、暗号資産アスター(ASTR)の取扱いを開始すると発表した。


■アスター(ASTR)について
アスター(ASTR)とは、異なるブロックチェーン同士をつなぐポルカドットのパラチェーンとして、世界で3番目に接続枠を獲得した日本初のパブリックブロックチェーンプロジェクトとなる。

ASTRは、独自に考案したステーキングスキームであるdAppsステーキングやトランザクション手数料の支払い、ガバナンス投票などに使用できる。

・暗号資産の名称:アスター

・シンボル:ASTR

・時価総額:19,242,377,268円(2022年9月9日時点)

・単価:5.19円(2022年9月9日時点)

・当社対応チェーン:Astar Network(Native)

アスター(ASTR)の預入・引出については、Astar Network上のNativeアドレスのみの対応となります。EVMアドレスからの預入・引出には対応いたしかねますのでご注意ください。現時点において、誤ってEVMアドレスから送金された場合、回復処理を行うことはできません。

対象サービスおよび取引ルールについて
現物取引所の取扱いペアに、下記ASTRペアが追加される。

通貨ペア 呼値 最小注文数量/取引単位 最大注文数量
(指値の場合)
ASTR/JPY 0.001 JPY 0.0001 ASTR 20,000,000 ASTR


API利用者
既存のAPIエンドポイントのレスポンス内容に変更はない。新規追加された取引ペアはそれぞれ以下のとおりパラメータを指定して利用できる。

bitbank

会社情報

会社名
bitbank
企業データを見る