【ゲーム株概況(9/28)】Web3事業への参入発表のグリーが反発 新作情報を解禁のAimingは続伸 gumiは買い一巡後は値を崩して大幅反落

  • 9月28日の東京株式市場では、日経平均は反落し、前日比397.89円安の2万6173.98円で取引を終えた。米アップルが新型スマートフォン「iPhone」の増産計画を断念したと報じられたことで、その関連部品株といわれる銘柄を中心に売り物が広がった。

    そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、グリー<3632>が反発した。グリーは、前日27日にREALITYを通じてブロックチェーンゲームの開発およびパブリッシングを目的としてWeb3事業に参入することを発表したことが株価の刺激材料となったようだ。

    また、同じく前日27日にTVアニメ「陰の実力者になりたくて!」の完全新作3DアニメーションRPG『陰の実力者になりたくて!マスターオブガーデン』を2022年に配信予定であることを発表したAiming<3911>も続伸した。

    ほか、クルーズ<2138>が6日続伸となったほか、ワンダープラネット<4199>やガーラ<4777>なども買われた。

    半面、gumi<3903>は、一時は1029円まで買われる場面があったものの、買い一巡後は値を崩して4日ぶりに大幅反落した。

    東京通信<7359>や壽屋(コトブキヤ)<7809>、enish<3667>なども売られた。

    アエリア<3758>は、子会社サイバードが企業のIP創出と活用をサポートする新サービス「CYBIRD IP CREATIVE STUDIO」を提供開始すると発表したものの、この日は4日ぶりの反落とさえない動きになった。

グリー株式会社
http://www.gree.co.jp/

会社情報

会社名
グリー株式会社
設立
2004年12月
代表者
代表取締役会長兼社長 田中 良和
決算期
6月
直近業績
売上高749億0600万円、営業利益114億9800万円、経常利益141億0600万円、最終利益101億2100万円(2022年6月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3632
企業データを見る