CROOZ Blockchain Lab、参画プロジェクトのトークン(GXE)が『LBank』に上場決定

クルーズの100%子会社であるCROOZ Blockchain Labは、10月10日に、同社が参画しているプロジェクト『PROJECT XENO』を運営するEPOCH FACTORYが発行するトークン(GXE)が、『LBank』に上場すると発表した。

■LBankについて
LBankは、2015年に設立された香港を拠点とする取引所で、英領バージン諸島、米国、オーストラリア、カナダにオフィスを構えている。

ユーザーはビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などの主要な暗号資産を50以上の法定通貨で売買でき、20種類以上の決済方法が用意されている。

LBankには、スポット取引、マージン取引、暗号先物・オプション、ステーキング、NFT、暗号資産のETF取引などがある。

その他のサービスには、P2P取引、グリッド取引、フレキシブル預金とロック預金などがある。

■ 『GXE』および『PROJECT XENO』について
『GXE』はEPOCH FACTORYが運営するNFTゲーム『PROJECT XENO』上で流通するトークン。PROJECT XENOは、今回の上場によってGXEの認知度が高まることを期待するとともに、今後もユーザーの利便性向上のために、さらなる取り扱い拡大を目指す。

『PROJECT XENO』は、「GameFi」と「e-Sports」を備えたタクティクスPvP(Player vs Player)ゲームであり、NFTキャラクターを保有するプレイヤーはゲームをプレイすることでトークンやNFTを獲得することが可能。

プレイヤーはアプリ内に用意されるウォレットとマーケットプレイスによりシームレスにNFTをトレードすることができる。プレイヤーの収益はアプリ内口座「General」にセキュアな状態で保存される。

■関連サイト

クルーズ株式会社
http://crooz.co.jp/

会社情報

会社名
クルーズ株式会社
設立
2001年5月
代表者
代表取締役社長 小渕 宏二
決算期
3月
直近業績
​売上高154億7700万円、営業利益12億3800万、経常利益12億9200万円、最終利益3億1000万円(2022年3月期)
上場区分
東証スタンダード
証券コード
2138
企業データを見る