ブロッコリー、第2四半期のTCG売上高は70%増の3億0700万円と大幅増 19年2月期以降では最高水準 「Z/X」好調、「Vividz」も発展途上ながら貢献

ブロッコリー<2706>の2023年2月期 第2四半期(2022年6~8月)におけるトレーディングカードゲームの売上高は、前年同期比で70.6%増の3億0700万円と大きな伸びを示した。データ集計可能な2019年2月期以降では最高水準となった。

 

主力の「Z/X -Zillions of enemy X-(ゼクス ジリオンズ オブ エネミー エックス」については前回の決算発表で復調してきたとの報告があったが、引き続き関連商品の通販強化を行ったという。 

また、本年8月に開始した期待の新作「Vividz(ビビッヅ)」も売上高4600万円でTCG事業の売上を押し上げた。同社では「まだ発展途上」であるとし、新たなファン獲得、売上向上に向けて制作・営業活動に注力したい、としている。

 ▲こちらは2022年3~8月の6ヶ月のデータなので注意してほしい。

株式会社ブロッコリー
http://www.broccoli.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ブロッコリー
設立
1994年3月
代表者
代表取締役社長 高橋 善之
決算期
2月
直近業績
売上高65億6300万円、営業利益2億8300万円、経常利益3億1200万円、最終利益1億6800万円(2022年2月期)
上場区分
東証スタンダード
証券コード
2706
企業データを見る