コーエーテクモ、9月中間決算は営業益12%増の183億円 『FE無双 風花雪月』100万本突破、「ライザのアトリエ」シリーズのリピート好調 ポートフォリオ組換で経常減益に

コーエーテクモホールディングス<3635>は、本日(10月31日)、第2四半期累計(22年4月~22年9月)の連結決算を発表し、売上高347億6200万円(前年同期比6.6%減)、営業利益183億2100万円(同11.6%増)、経常利益176億6700万円(同29.5%減)、最終利益136億4800万円(同24.8%減)だった。

・売上高:347億6200万円(同6.6%減)
・営業利益:183億2100万円(同11.6%増)
・経常利益:176億6700万円(同29.5%減)
・最終利益:136億4800万円(同24.8%減)

10月11日に発表した業績予想の数字を上回る着地だった。

・売上高:345億円(前回予想320億円)
・営業利益:175億円(同130億円)
・経常利益:170億円(同170億円)
・最終利益:120億円(同120億円)

同社では、パッケージゲームについて、複数の新作タイトルを発売したほか、前年度までに発売したタイトルのリピート販売が堅調だった、としている。スマートフォンゲーム、IP許諾タイトルは安定した推移となった。

また営業外収支においては、厳しい金融環境に対応するため戦略的にポートフォリオの組み換えを行ったことで経常減益となったという。投資有価証券売却損27億5900万円、有価証券償還損32億6700万円、デリバティブ評価損74億6200万円を計上した。

ただ、営業外収益として受取利息65億4800万円、投資有価証券売却益17億0100万円、デリバティブ評価益23億6600万円などを計上しているため、営業外損失と相殺すると6億5400万円の損失となる。

前年同期では、営業外収益が営業外費用を86億4200万円上回っており、経常利益を大きく押し上げる要因となっていたが、今期は一転してマイナス要因となっていることが経常利益の大幅な減益につながった。

セグメントの状況については以下のとおり。


■エンタテインメント事業
・売上高:327億8300万円(同7.0%減)
・営業利益:179億9400万円(同11.6%増)

「シブサワ・コウ」ブランドでは、7月に『信長の野望・新生』を国内及びアジアで発売し、20万本の販売となった。スマートフォンゲーム『三國志 覇道』が9月に国内でサービス開始2周年を迎え、これを記念したキャンペーンを実施した。

「ω-Force」ブランドでは、6月に発売した『ファイアーエムブレム無双 風花雪月』(※)が累計販売本数100万本を突破した。

「Team NINJA」ブランドでは、2023年3月に発売予定の『Wo Long: Fallen Dynasty』の体験版を9月に全世界で配信した。

「ガスト」ブランドでは、「ライザのアトリエ」シリーズのリピート販売が好調。「ルビーパーティー」ブランドでは、国内で配信中の『金色のコルダ スターライトオーケストラ』において新シリーズを開始した。イベント事業では『遙かなる時空の中で7~出陣!~』などを開催した。

「midas」ブランドでは、新規スマートフォンゲームの開発に注力している。

IP事業においては、国内及びアジア各地域で配信中の『三国志・戦略版』(国内では『三國志 真戦』)が、引き続き収益に貢献した。国内及び台湾・香港・マカオ地域で配信中の『新信長の野望』も堅調。LINE Gamesが運営を行う『大航海時代 Origin』(iOS、Android用)が8月に韓国で配信開始した。オフィシャルショップ「KOEI TECMO SPOT」では、7月にオンライン販売を追加した。
(※)『ファイアーエムブレム無双 風花雪月』の海外における発売元は任天堂。


■アミューズメント事業
・売上高:14億7100万円(同1.5%増)
・営業利益:2億3600万円(同23.5%増)

アミューズメント施設は、新たに1店舗を出店した。既存店売上は好調に推移している。スロット・パチンコでは、1タイトルが稼働を開始した。


■不動産事業
・売上高:6億1100万円(同19.6%増)
・営業利益:1億8200万円(同156.3%増)

ライブハウス型ホールKT Zepp Yokohamaは、有観客イベントで高い稼働率となった。


■その他事業
・売上高:1億5200万円(同17.4%減)
・営業損失:9200万円(前年同期は4500万円の利益)

ベンチャー・キャピタル事業で、出資先ファンドの管理費用を計上した。


【追記】
なお、四半期の業績推移は以下の通り。

 
■2023年3月期の業績見通し
2023年3月期の業績は、売上高770億円(前期比5.8%増)、営業利益325億円(同5.9%減)、経常利益425億円(同12.7%減)、最終利益315億円(同10.9%減)、EPS95.57円を見込む。従来予想からは修正はない。

・売上高:770億円(同5.8%増)
・営業利益:325億円(同5.9%減)
・経常利益:425億円(同12.7%減)
・最終利益:315億円(同10.9%減)
・EPS:95.57円

計画に対する進捗率は、売上高45.1%、営業利益56.4%、経常利益41.6%、最終利益43.3%となっている。

・売上高:45.1%
・営業利益:56.4%
・経常利益:41.6%
・最終利益:43.3%

コーエーテクモホールディングス株式会社
http://www.koeitecmo.co.jp/

会社情報

会社名
コーエーテクモホールディングス株式会社
設立
2009年4月
代表者
代表取締役会長 襟川 恵子/代表取締役社長 襟川 陽一
決算期
3月
直近業績
売上高727億5900万円、営業利益345億2700万円、経常利益486億9600万円、最終利益353億5900万円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3635
企業データを見る