スクエニHD、第2四半期(22年7~9月)のMMOの売上高は9.9%減の145億円 『FF14』の課金会員は増加


スクウェア・エニックス・ホールディングス<9684>の第2四半期(22年7~9月)のMMO(多人数参加型オンラインロールプレイングゲーム)の売上高は、前年同期比で9.9%減の145億円だった。この日(11月7日)開示した決算説明資料で判明した。

 
同社では、上期累計では『ファイナルファンタジーXIV』の月額課金会員数が増加したことで増収だったとしているが、第2四半期だけを見ると減収となった。

前年同期は『ファイナルファンタジーXIV』と『ドラゴンクエストX オンライン』の拡張パッケージの発売を直前に控えていたこともあって大きく伸びていた。今期に関してはその反動があったとみてよさそうだ。

なお、2023年3月期については、両タイトルともに拡張パッケージの発売を予定していないとのことだった。

株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス
https://www.hd.square-enix.com/jpn/

会社情報

会社名
株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス
設立
1975年9月
代表者
代表取締役社長 松田 洋祐
決算期
3月
直近業績
売上高3652億7500万円、営業利益592億6100万円、経常利益707億400万円、最終利益510億1300万円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
9684
企業データを見る