エクストリーム、ゲームソフトやシステムなどの受託開発を行なうエス・エー・エスを買収

エクストリーム<6033>は、この日(11月14日)、ゲームソフトやシステムなどの受託開発を行なうエス・エー・エスを買収することを明らかにした。エス・エー・エス社長の梅木 元博氏と、役員の宝田 唯一氏より、発行済株式の51.3%に相当する2万4000株を11月18日付で取得する予定。取得価額については非公開。

エス・エー・エスは、エンターテイメント事業及びシステムソリューション事業の2事業を展開する受託開発会社。ゲームの受託開発事業においては、大手ゲームパブリッシャーを主な取引先として40年を超える取引実績がある。

主な取引先として、セガやバンダイナムコエンターテインメント、アイア、日本コロムビア、エンハートなどがあり、家庭用ゲームソフト・スマートフォンゲームアプリだけではなく、アミューズメントゲーム機などの開発も得意としている。

特に企画~開発における総合力に定評があり、アミューズメント施設向け機器においては、企画力をハードウェア制御へ活かす製品をはじめ、メダル筐体ゲーム機器など多彩な開発実績が対象会社の強みとなっている。

システムソリューション事業においては、長年蓄積した技術開発力を背景に、無線通信装置、海洋調査関連システム、ロボット制御システム、各種シミュレータ開発など、大手機器メーカーや国立研究開発機関などと直接取引を行っている。

今回の買収の理由について、同社のデジタル人材事業とエス・エー・エスの受託開発案件の営業案件の紹介や、開発力の一体化による収益機会の拡大、出向による人的開発リソースの補完、海外取引ネットワークを生かしてアミューズメントゲームへの参入など相乗効果が見込めるため、としている。

株式会社エクストリーム
https://www.e-xtreme.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社エクストリーム
設立
2005年5月
代表者
代表取締役社長CEO 佐藤 昌平
決算期
3月
直近業績
売上高72億3100万円、営業利益5億9200万円、経常利益7億1400万円、最終利益4億5200万円(2022年3月期)
上場区分
東証グロース
証券コード
6033
企業データを見る