MIXI、中島健人さんが出演する『モンスト』新CM『カンカンしてたぜ』篇を全国で放映開始!

MIXI<2121>は、『モンスターストライク』の年間CMキャラクターである中島健人さんが出演する新CM『カンカンしてたぜ』篇(15秒)を2022年本日(12月16日)より全国で放映すると発表した。

新CM『カンカンしてたぜ』篇は、クリスマスのイルミネーションがキラキラと輝く街角で、大切な人を待つ間も、モンストに興じる中島さんの様子を描いている。クリスマスシーズンに多くの人が経験したであろう「大切な人との待ち合わせ」のシーンでモンストを楽しむ中島さんの姿を通じて、「みんなでワイワイ楽しむ」だけではない、日々の生活の中でモンストを楽しむシーンを表現した。

また今作中、クリスマスムードを一気に高めてくれているのが、天使のような「モンスト合唱団」の4人の子どもたち。クリスマスの定番曲「ひいらぎかざろう」のメロディに合わせて、「♪Strike the monster and so-kaikan Ka Ka Ka Ka Kan Kan Kan~」とモンストのゲーム性を表現したアレンジ歌詞で、かわいらしく歌いあげている。

そのほかにも、街角を歩く子どもがモンストの人気キャラクター「オラゴン」のぬいぐるみを抱えて歩いていたり、最後のシーンではサンタの衣装を着た「オラゴン」のぬいぐるみが飾られているなど、モンストのある日常を表現している。

「ごめ~ん、待った?」と待ち合わせ場所に遅れて到着した女性に、「いや?ぜ~んぜん」と中島さんが優しい笑顔で返す、まるでドラマのワンシーンを切り取ったかのような新CM『カンカンしてたぜ』篇にぜひ注目してほしい、としている。


■新CM『カンカンしてたぜ』篇ストーリー
クリスマスのイルミネーションが、キラキラと輝く夜の街角。雪が舞う街角で、待ち合わせ場所に先に到着した中島さんは、手袋を外した右手に息を吹きかけ、モンストをプレイし始める。ひっぱってはじくゲームの爽快感に、寒さを気にする様子もなくモンストを楽しむ中島さん。そんな中島さんを見守るように、4人の子どもたちがクリスマスの定番曲「ひいらぎかざろう」のメロディに合わせて、「♪so-kaikan Ka Ka Ka Ka Kan Kan Kan~」と、かわいらしい歌声で披露する。ショットが決まり「よし!」と小さくガッツポーズをとる中島さん。

そこへ「ごめ~ん、待った?」と女性が到着。子どもたちは歌を中断し、中島さんに相手が来たことを「静かに」とポーズをとって知らせる。子どもたちのお知らせに呼応するように、中島さんは、サッとスマホをコートのポケットにしまい込み「いや?ぜ~んぜん」と、こともなげに優しく女性に微笑みかける。「年末も、カンカンいこうぜ」と囁くセリフとともに、中島さんと女性は街角のベンチに座り、モンストのマルチ(協力)プレイで盛り上がっている様子。


モンスト(モンスターストライク)YouTube公式チャンネルのCM本編動画

株式会社MIXI
http://mixi.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社MIXI
設立
1997年11月
代表者
代表取締役社長 木村 弘毅
決算期
3月
直近業績
売上高1180億9900万円、営業利益160億6900万円、経常利益170億2600万円、最終利益102億6200万円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
2121
企業データを見る