Twitter、ツイートのインプレッション数を表示する「View Count(ビューカウント)」を実装

Twitterのイーロン・マスク(Elon Musk)氏は、12月22日、他のアカウントのつぶやきのインプレッション数を表示する「View Count(ビューカウント)」を実装したことを明らかにした。これまで本人のみが閲覧できるものだった。すべてのアカウントに適用されているわけではないようだが、「ツイートが何回見られたかがわかる。(中略) Twitter ユーザーの90%以上がツイートを読んでいるものの、ツイートや返信、またはいいね!をしていない。(今回の実装によって)Twitterが見かけよりもどれだけ生きているかがわかる」としている。


なお、ヘルプセンターにインプレッション表示に関する項目が追加されており、「表示回数は、ツイートが表示された合計回数を示す」もので、各ツイートの分析アイコンの横に追加されており、誰でも閲覧数が確認できるという。また、気になるカウント方法については、ホームや検索、プロフィール、記事に埋め込まれたツイートなど、フォローしたかどうかに関係なく閲覧した人はインプレッションとして1インプレッションとしてカウントされるそうだ。

 

ただし、ツイートを複数回閲覧した場合、複数のインプレッションがカウントされる場合があるとのこと。例えば、ツイートをウェブブラウザで閲覧したあと、スマートフォンアプリなどでみると2回のビューとしてカウントされるそうだ。

また、以下のツイートは表示の対象外になるとしている。

・コミュニティのツイート
・Twitter サークルのつぶやき
・古いツイート

またプロモツイートなども対象外になっているようである。

Twitter

会社情報

会社名
Twitter
企業データを見る