【ゲーム株概況(1/19)】『ポイ活ソリティア』好調の東京通信が大幅高 『DQ』新作発表でNJHD大幅安 ANYCOLORは海外売出しを嫌気

1月19日の東京株式市場では、日経平均株価は反落となった。前日比385円89銭安の2万6405円23銭でこの日の取引を終えた。前日の米国株の下落に加えて、為替の円高が嫌気され、輸出関連株を中心に売り優勢だった。また日銀金融政策決定会合後に急上昇した後でもあり、利食い売りも出やすい状況にあったという。

こうしたなか、ゲーム関連株を見ると、東京通信<7359>が大幅高。子会社MASKの手掛けるインセンティブゲーム『ポイ活ソリティア』がApp Storeのゲーム無料ランキングで首位を獲得したと発表したことが材料視されている。

イオレ<2334>も大幅高。子会社のDetonatioNが、韓国で、同社で初めての海外法人となる子会社DetonatioN KOREAを設立したことを発表したGameWith<6552>のほか、サイバーステップ<3810>、Aiming<3911>なども高い。

他方、エヌジェイホールディングス<9421>が大幅安となった。また、ゲームソフト受託開発大手のトーセ<4728>も42円安の737円と大きく下げている。

スクウェア・エニックスは、1月18日、『ドラゴンクエスト』新作スマホゲーム『ドラゴンクエスト チャンピオンズ』を発表したが、コーエーテクモゲームスが開発担当と発表されたことで失望売りが出たようだ。

エヌジェイHDは、『ドラゴンクエスト』の新作スマホゲームの発表会を開催するとアナウンスを受けて、『星のドラゴンクエスト』を手掛けた実績から新作も担当するのではないかとの思惑で買われていた経緯がある。

スクウェア・エニックス・ホールディングス<9684>と、コーエーテクモホールディングス<3632>は小安い。「バトロワ」要素というシリーズとして新しい要素を盛り込んだ、チャレンジングなタイトルであるため、評価が難しいという声もある。βテストとその後の改善次第になりそうだ。

ANYCOLOR<5032>も売られた。LC FundとSkyland Ventures、Highsino Groupより、合計326万8200株の海外売出しを行うと発表しており、需給悪化が懸念された模様。ただ会社側は市場売却による株価への影響を回避するとともに、海外投資家層の拡大と流動性向上が今回の主な狙いとしている。

 

■ゲーム関連株一覧

 

株式会社エヌジェイホールディングス(NJHD)
https://www.njhd.jp/

会社情報

会社名
株式会社エヌジェイホールディングス(NJHD)
設立
1991年12月
代表者
代表取締役社長 筒井 俊光
決算期
6月
直近業績
売上高106億5200万円、営業損益8億6900万円の赤字、経常損益8億6500万円の赤字、最終損益12億3100万円の赤字(2022年6月期)
上場区分
東証スタンダード
証券コード
9421
企業データを見る
株式会社東京通信
https://tokyo-tsushin.com/

会社情報

会社名
株式会社東京通信
設立
2015年5月
代表者
代表取締役会長 外川 穣/代表取締役社長CEO 古屋 佑樹
決算期
12月
直近業績
売上高47億3100万円、営業利益4億6500万円、経常利益4億2400万円、最終利益2億200万円(2021年12月期)
上場区分
東証グロース
証券コード
7359
企業データを見る
ANYCOLOR株式会社
https://www.anycolor.co.jp/

会社情報

会社名
ANYCOLOR株式会社
設立
2017年5月
代表者
田角陸
決算期
4月
上場区分
東証グロース
証券コード
5032
企業データを見る