サイバーエージェントの「極予測LP」が「Google ディスプレイ広告」に対応 平均CVR改善率が165%へと上昇する事例も

サイバーエージェント<4751>は、AIで効果の出せるランディングページを予測・制作する「極予測LP(キワミヨソクエルピー)」においてアップデートを行い、「Google ディスプレイ広告」から流入するランディングページに対応可能な効果予測モデルを開発した。

これまで提供を行ってきた検索連動型広告、ディスプレイ広告に加えて対応可能な広告媒体が増えたことで、より多くの配信において継続的な効果改善を実現するという。

近年、検索連動型広告をはじめとする運用型広告では、広告効果最大化を目的とした継続的な運用が重要とされており、同社ではAIを活用しランディングページの効果の事前予測を行う「極予測LP」を2021年6月より提供している。

2022年11月には「Facebook広告」「LINE広告」「Yahoo!広告 ディスプレイ広告(運用型)」の3つの媒体への対応を開始するなど、各媒体への対応拡大に向けた機能開発を行ってきた。

また、2022年10月の平均CVR改善率が113%であったことに対し、11月の平均CVR改善率が165%へと上昇した実績が出るなど、広告効果の最大化に貢献しているという。

株式会社サイバーエージェント
http://www.cyberagent.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社サイバーエージェント
設立
1998年3月
代表者
代表取締役 藤田 晋
決算期
9月
直近業績
売上高7105億7500万円、営業利益691億1400万円、経常利益694億6400万円、最終利益242億1900万円(2022年9月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
4751
企業データを見る