【レポート】『モンスターハンターNow』新シーズン発表会で「ジンオウガ」ら4種の新モンスターや「双剣」「ランス」の追加を発表! 近距離武器と遠距離武器のバランス調整も12月中旬に実施予定!


Nianticとカプコン<9697>は、11月30日、都内某所にて『Monster Hunter Now (モンスターハンターNow)』新シーズン発表会を開催した。本稿では、本発表会にて公開された冬の大型アップデート「雪華散らす碧雷(せっかちらすへきらい)」にて実装される新モンスターや武器種についての情報をお届けしていく。

『モンスターハンターNow』は、最先端の位置情報技術とAR技術を強みに持つNiantic社が開発・配信を担う新しい「モンスターハンター」シリーズのスマートフォン向けゲーム。2023年9月のリリースから約1ヶ月で1000万ダウンロードを突破(関連記事)し、現在は「Google Play ベスト オブ 2023」エキサイティング部門 大賞を受賞(関連記事)したり、「The Game Awards」にノミネートされるなど、数々の注目を集めている。


▲会場では、12月7日に予定されているアップデートに先駆けて少しだけ体験を行うことができたのでその所感も併せてお伝えする。

そんな本作が、冬の大型アップデート「雪華散らす碧雷」にて新しいモンスターや武器種(ハンティングスタイル)を追加。砂漠や森など各生息地が雪化粧をまとったフィールドとなり、ジンオウガ、バフバロ、ベリオロス、ラドバルキンの4種類の大型モンスターの他、コルトス、ウルグの2種類の小型モンスターが新しく登場する。また、多くのハンターの方々の要望に応え、モンスターへのリーチが長い「ランス」と、至近距離のハンティングに向いた「双剣」の2つの武器を追加。


▲アップデートの詳細についてお話してくれたのは、Niantic・プロデューサーの大隅栄氏。

■4種の新規モンスターを追加!

●ジンオウガ

▲シリーズ中でも高い人気を誇る「ジンオウガ」が遂にお目見え。

●バフバロ

▲大きな角が特徴的な「バフバロ」が雪化粧をまとったフィールドと共に登場!

●ベリオロス

▲こちらも寒冷地の代表的なモンスター「ベリオロス」。鋭い牙はハンターの厚い装甲をも貫く。

●ラドバルキン

▲睡眠ガスでの攻撃を行ってくる「ラドバルキン」から得られる素材を使用すれば、本作初となる「睡眠属性」が備わった武器を作成できる。

■2種の武器を追加!


▲鬼人化によるスピーディーかつアクロバテックなアクションで狩りを楽しめる「双剣」と、ガードを駆使ながらカウンターやダッシュ攻撃で重厚な戦い方ができる「ランス」が追加。

●双剣
双剣の「鬼人化」はSP技ボタンをタップすることで使用可能となっている。なお、「鬼人化」はSPゲージがMAXまで溜まっていなくても発動することができ、SP技ボタンの下に表示されているスタミナゲージ(鬼人化中は時間経過で減少・通常時に時間経過で回復)が0になるまで継続する。さらに、SPゲージがMAXまで溜まった状態で鬼人化中にSP技ボタンをタップすることでSP技「空中回転乱舞・天」を発動することができる。

●ランス
ステップによる回避や堅牢なガードにより、重厚な立ち回りが可能となっているランス。モンスターとの距離が離れた際にはダッシュ攻撃が発動するようになっており、懸念される機動力もカバーされている。なお、ダッシュ攻撃は前フリックでも発動できることを覚えておきたい。さらに、ジャストガードが発動すればカウンターを叩き込めるなど、本作の短い戦闘時間でも守りを固めながら攻撃的に攻めることができるようになっている。SP技は「突進」で相手モンスターを自動で追尾するものとなっている。

また今回、追加されたモンスターや武器種を含め、今回のアップデートでは46個の武器と4種の防具セットを新たに作れるようになるという。新たに登場する「睡眠属性」の武器を使用すれば、一定時間モンスターを眠らせることが可能。原作同様、睡眠状態中は与ダメージがアップするとの話だったので、マルチプレイでは睡眠状態に合わせて全員でSP技を発動すれば一気に大ダメージを叩き込むことができる。

さらに、友だちや家族と一緒に過ごす機会が増える年末年始にみんなでより盛り上がるきっかけにもなる、新しい狩猟体験も追加されるという。こちらの新機能についてはアップデートの実装が行われる12月7日に発表を予定しているとのこと。

そのほか、今回のアップデートでは、いろいろな武器を使いながらさまざまなモンスターを攻略する楽しさをより強化する目的で、下記を含む、いくつかの調整も行う。詳細については12月7日前後にサイト上にて案内される。

・【武器のバランス調整】それぞれの武器の特性を活かしたハンティングを体験しやすくなるように、モンスターと近距離でハンティングを行う武器と、遠距離で行う武器のバランス調整を行う。
・【アイテムBoxの拡張】持てる素材数の上限を増やせるようにする。また、所持アイテムの削除を簡単に行えるようにする。
※配信は12月中旬に予定している。

発表会の最後には、『モンスターハンターNow』は今後も3ヶ月に一度の大型アップデートを予定していることが改めて明言された。全ての機能が同日に実装されるわけではないが、徐々に新しい遊びが提供されると共に、既存の機能についてもより使いやすく改善していくとのことだ。これからも進化し続ける『モンスターハンターNow』に期待したい。

(取材・文 編集部:山岡広樹)

■関連サイト

 

© 2023 Niantic. Characters / Artwork/ Music © CAPCOM CO., LTD.

株式会社カプコン
http://www.capcom.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社カプコン
設立
1983年6月
代表者
代表取締役社長 最高執行責任者 (COO) 辻本 春弘
決算期
3月
直近業績
売上高1259億3000万円、営業利益508億1200万円、経常利益513億6900万円、最終利益367億3700万円(2023年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
9697
企業データを見る
Niantic

会社情報

会社名
Niantic
企業データを見る