【ゲーム株概況(12/1)】「有価証券報告書」に記載の売掛金で思惑が膨らんだワンダープラネットがS高 ユークスは7日続落と下値の模索が続く

12月1日の東京株式市場では、日経平均は反落し、前日比55.38円安の3万3431.51円で取引を終えた。米国市場のハイテク株安を受けて、国内市場も半導体関連株などに売り物が先行した。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、ワンダープラネット<4199>が朝方から買いを集め、ストップ高するなど異彩を放った。ワンダープラネットは、2023年8月期の「有価証券報告書」にゲームフリークへの売掛金が記載されていたことから思惑が膨らむ形になったようだ。

また、コムシード<3739>やバンク・オブ・イノベーション(BOI)<4393>も高く、ボルテージ<3639>は一時280円まで買われた。

自己株式の公開買付けの買付け価格が5462円に決定したサンリオ<8136>はしっかり。

半面、enish<3667>が大幅続落し、ユークス<4334>は7日続落と下値の模索が続いた。

大手ゲーム株ではコーエーテクモHD<3635>が3日続落し、終値ベースで1800円台を割り込んだ。

株式会社ユークス
http://www.yukes.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ユークス
設立
1993年2月
代表者
代表取締役社長 谷口 行規
決算期
1月
直近業績
売上高42億9900万円、営業利益9億4800万円、経常利益10億9200万円、最終利益8億8300万円(2023年1月期)
上場区分
東証スタンダード
証券コード
4334
企業データを見る
ワンダープラネット株式会社
http://wonderpla.net/

会社情報

会社名
ワンダープラネット株式会社
設立
2012年9月
代表者
代表取締役社長CEO 常川 友樹
決算期
8月
直近業績
売上高34億6400万円、営業利益4900万円、経常利益2800万円、最終損益2億3600万円の赤字(2023年8月期)
上場区分
東証グロース
証券コード
4199
企業データを見る