ネクソンの2011年12月期連結、営業益380億円との観測…従来予想を10億円上回る

2月7日付の日本経済新聞朝刊は、オンラインゲーム大手のネクソン<3659>の2011年12月期の連結業績について、売上高870億円前後(前期比25%増)、営業利益380億円程度(同26%増)となり、従来予想を上回ったとの観測記事を掲載している。 報道によれば、営業利益は従来予想を10億円弱上回り、売上高については20億円程度上回った公算が大きいとのこと。 「メイプルストーリー」や「ダンジョン・アンド・ファイター(アラド戦記)」など主力オンラインゲームの利用者が増え、課金収入が伸びた模様。韓国や日本だけでなく、100ヵ国以上で展開する海外事業も伸びたという。特に中国テンセントから受け取るロイヤルティー収入が伸びた模様。 なお、ネクソンは、この報道について「当社が発表したものではありません。」とのコメントを発表した。2011年12月期の業績は2月14日に発表する予定。
株式会社ネクソン
http://www.nexon.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ネクソン
設立
2002年12月
代表者
代表取締役社長 オーウェン・マホニー/代表取締役CFO 植村 士朗
決算期
12月
直近業績
売上収益2744億6200万円、営業利益915億4100万円、最終利益1148億8800万円(2021年12月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3659
企業データを見る