本日IPOのモブキャスト株式に買い殺到…需給妙味や収益成長への期待強く

本日(6月26日)、東証マザーズに上場したモブキャスト<3664>株式は、朝方から買い気配でスタートし、気配値を上げながら午前中の取引を終えた。午前中気配値は、公募価格800円に対し、それを70%上回る1360円となっている。この気配値で計算した時価総額は、約85億9800万円となっている。

同社は、独自のモバイルソーシャルゲームプラットフォーム「mobcast」を通じて、ソーシャルゲームサービスを提供している。実名・実写の選手が登場するプロ野球カードゲーム「モバプロ」をはじめ、サッカーゲーム「Webサッカー」、競馬カードゲーム「モバダビ」などが主力タイトルとなっている。

上場にあたって、市場からの吸収した金額が6億1000万円と少なく、株式需給面の妙味があることに加え、今後の成長性の高さを評価した買いが入っているようである。

なお、同業他社の時価総額を見ると、KLab<3656>が148億円、クルーズ<2138>が79億円、エイチーム<3662>が137億円、ボルテージ<3639>が45億円、ケイブ<3760>が15億円などとなっている。

株式会社モブキャストホールディングス
https://mobcast.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社モブキャストホールディングス
設立
2004年3月
代表者
代表取締役CEO 藪 考樹
決算期
12月
直近業績
売上高45億3700万円、営業損益3億7300万円の赤字、経常損益3億9800万円の赤字、最終損益10億1300万円の赤字(2021年12月期)
上場区分
東証グロース
証券コード
3664
企業データを見る