バンダイナムコHDの4-6月期はソーシャルゲーム寄与し営業益2.4倍との報道

7月31日付の日本経済新聞朝刊は、バンダイナムコホールディングス<7832>の4~6月期の連結決算で、売上高が前年同期比15%増の1000億円強、営業利益が同2.4倍となる150億円強だったとする観測記事を掲載している。

報道によれば、ソーシャルゲームのタイトル数を前年同期の1本から20本に増やした効果が出ており、「アイドルマスターシンデレラガールズ」などが好調だったとのこと。営業利益は2005年の会社設立以来、4~6月としては過去最高になるという。

なお、バンダイナムコホールディングスは、この報道に対し、「2013年3月期第1四半期の連結業績につきましては、2012年8月2日を予定しております。」としており、同社として発表したものではないことを示唆した。

株式会社バンダイナムコホールディングス
http://www.bandainamco.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社バンダイナムコホールディングス
設立
2005年9月
代表者
田口 三昭
決算期
3月
直近業績
売上高7239億8900万円、営業利益757億7500万円、経常利益797億9700万円、最終利益576億6500万円(2020年3月期)
上場区分
東証1部
証券コード
7832
企業データを見る