アエリアの2Qは減収・赤字転落…アクワイアの連結離脱とオンラインゲーム関連の先行投資負担で

アエリア<3758>は、この日(8月10日)、第2四半期累計(1-6月期)の連結決算を発表し、売上高31億0100万円(前年同期比19.7%減)、営業損益3億1900万円の赤字(前年同期2億0400万円の黒字)、経常損益3億3800万円の赤字(同は1億8300万円の黒字)、四半期純損益3億2800万円(同7900万円の赤字)だった。減収赤字転落となった。     同社では、当初、第2四半期の業績予想について、売上高32億円、営業利益6000万円、経常利益5500万円、四半期純利益4000万円としていたが、これを大きく下回る着地だった。     同社によれば、連結子会社であったアクワイアをガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>に昨年10月に譲渡したことに伴い、ゲーム開発事業の売上が計上されなかったことに加え、主力のオンラインゲームで広告宣伝費などの先行投資により費用が増加した、としている。 ただ、オンラインゲームについては、Aeria Games & Entertainmentを中心とするオンラインゲーム事業については、2012年6月には累計登録会員数が3400万人を突破するなど順調な成長を続けたという。オンラインゲーム事業の売上高は前年同期比6.1%増の26億2300万円だった。   ■2012年12月期の見通し 2012年12月期は、売上高80億円(前期比8.0%増)、営業利益1億5000万円(同595.8%増)、経常利益1億4000万円(同1億1200万円の赤字)、当期純利益1億円(同10億6300万円の赤字)を見込む。  
株式会社アエリア
http://www.aeria.jp/

会社情報

会社名
株式会社アエリア
設立
2002年10月
代表者
代表取締役会長 長嶋 貴之/代表取締役社長 小林 祐介
決算期
12月
直近業績
売上高215億4200万円、営業利益8億3900万円、経常利益8億3500万円、最終利益5億8600万円(2021年12月期)
上場区分
東証スタンダード
証券コード
3758
企業データを見る