モバイルファクトリー、「GREE」で「駅奪取」の配信開始-GPSを使った駅争奪ゲーム

モバイルファクトリーは、本日(3月22日)、「GREE」でシミュレーションゲーム「駅奪取」の配信を開始した。 本作は、全ユーザーで日本全国の駅を奪い合う位置情報連動型ゲームだ。ユーザーは、位置情報機能もしくは簡易位置情報を使って、自分のいる駅を「奪取」する一方、他のユーザーの持っている駅から奪い、より多くの駅の取得を目指す。

自分が取得した駅については、他のユーザーから奪われないようにするため、「ネコ型ロボット」に守ってもらうことが可能。しかし、ネコ型ロボットは、ネズミに弱いため、「強奪チーズ」を使ってネズミを呼び出されると逃げ出してしまう。

なお、同社では、3月22日から3月31日までの期間、「駅奪取」の収益の各種手数料を引いた全額を被災者に寄付する予定。寄付先は、「ピースウィンズ・ジャパン」を予定しているという。

さらに、上記の期間以外でも、毎月売上の10%を各団体に寄付する予定。寄付金額は、所属しているユーザー数やアイテム購入金額、当月の獲得スコアにより、団体によって異なるが、実際に寄付した金額は毎月告知する、としている。

 

アプリURL: http://mpf.gree.jp/1198/ (「GREE」会員で携帯電話のみアクセス可能)

 

Copyright © Mobile Factory, Inc. All rights reserved.

株式会社モバイルファクトリー
http://www.mobilefactory.jp/

会社情報

会社名
株式会社モバイルファクトリー
設立
2001年10月
代表者
代表取締役 宮嶌 裕二
決算期
12月
直近業績
売上高28億5500万円、営業利益8億6300万円、経常利益8億6600万円、最終利益5億8200万円(2020年12月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3912
企業データを見る