新規上場企業の紹介…enish(東証マザーズ・3667)

ソーシャルゲーム開発会社のenishが12月11日、東証マザーズに上場する。 同社は、2009年2月、シンクロア(現Kii)のソーシャルアプリ開発子会社「Synphonie」として設立された。09年10月に「ぼくのレストラン」を提供し、その後、女性向けのシミュレーションゲームのほか、最近では男性向けのRPGにも注力している。今年9月に現社名に変更した。 設立間もないが、業績が急速に伸びた。11年12月期の決算は、売上高25億9000万円(前期比6.2倍)、経常利益5億2300万円(同7.3倍)、当期純利益2億9800万円(同5.4倍)だった。「ぼくのレストラン2」をはじめ、「ガルショ☆」などの売上が伸びた。 12年12月期は、売上高39億8500万円(前期比53.9%)、経常利益5億8100万円(同11.1%増)、当期純利益3億4700万円(同16.4%増)を見込む。第3四半期(1~9月期)の業績は、売上高28億5600万円、経常利益4億6300万円、四半期純利益2億7000万円だった。通期計画に対する進捗率は、売上高で71.7%、経常利益79.7%となっている。既存ゲームに加え、「ぼくらのポケットダンジョン2」や「ドラゴンタクティクス」などが寄与した。 同社の特徴として、資本業務提携先のグリー<3632>の「GREE」での売上が大きいことがあげられる。11年12月期は、売上の78.5%にあたる20億3300万円だった。「Mobage」が7.8%の2億0200万円、「mixi」が4.9%の1億2700万円だった。 なお、上場で調達する資金は、約1億5600万円となる見通し。プロダクトラインの増強に関する人材採用費に4900万円、本社移転・増床に関する設備投資資金1億8000万円の一部に充当する予定。  

enishの業績推移

    〈会社概要〉 本社=東京都渋谷区広尾1-13-1 URL=http://www.enish.jp/ 社長=杉山 全功 設立=09年4月 発行済株式数=247万6400株(上場時) 資本金=1億0500万円(12年9月30日現在) 大株主=Kii78万株(24.5%)、グリー64万株(20.1%)、安徳孝平61万0440株(19.2%)、公文善之61万0440株(19.2%)、杉山全功27万5540株(8.6%)、松本浩介20万0560株(6.3%)   〈上場要項〉 公開株式数=109~124万9000万株(公募=5万株、売出し=104万株、オーバーアロットメントによる売出し=15万9000株) ブックビル仮条件=740円~800円 ブックビル期間=11月22日~29日 公開価格=11月30日 申込期間=12月4日~7日 払込期日=12月10日 売買単位=100株 主幹事証券=大和証券
株式会社enish
http://www.enish.jp/

会社情報

会社名
株式会社enish
設立
2009年2月
代表者
代表取締役社長 安徳 孝平
決算期
12月
直近業績
売上高38億9200万円、営業損益2億5700万円の赤字、経常損益2億6700万円の赤字、最終損益2億7900万円の赤字(2021年12月期)
上場区分
東証スタンダード
証券コード
3667
企業データを見る