DeNA、第3四半期は大幅増収増益…「モバコイン」消費が順調に拡大、12月単月で200億超に

ディー・エヌ・エー(DeNA)<2432>は、本日(2月7日)、第3四半期(2012年4~12月期)の連結決算(IFRS)を発表し、売上収益1502億円(前年同期比44.9%増)、営業利益586億円(同37.4%増)、親会社の所有者に帰属する四半期利益334億円(同54.0%増)だった。     同社では、「Mobage」で提供しているソーシャルゲーム内で使用される仮想通貨「モバコイン」の消費が拡大し、ゲーム関連売上収益が前年同期比で増加した、としている。国内でのモバコイン消費額は12月で200億を突破したほか、海外でも第3四半期だけで5000万ドルを突破したとのこと。     その一方、費用面では、ゲーム関連売上収益の増加に連動して代金回収代行手数料やゲームデベロッパーへのレベニューシェア支払、業務委託費のほか、新サービスの立ち上げに伴うプロモーション費用の発生などにより、売上原価、販売管理費が増加したものの、売り上げの伸びで吸収した。 セグメント別の損益状況は以下のとおり。 ・ソーシャルメディア事業:売上収益1324億円(同43.9%増)、セグメント利益588億円(同40.9%増) ・EC事業: 売上収益103億円(同2.4%増)、セグメント利益34億円(同7.9%減) ・その他: 売上収益74億円(同384.3%増)、セグメント損益2億6300万円の赤字(前年同期2億円の利益計上)   ■2013年3月期の見通し 同時に、2013年3月期の業績予想について、売上収益2060億円(前期比40.6%増)、営業利益785億円(同30.3%増)、親会社の所有者に帰属する当期利益448億円(同43.9%増)となる見通しと発表した。「Mobage」で提供しているソーシャルゲーム内でのアイテム販売による売上が順調に増加する見通し。     今後は、国内版Mobageについては、ブラウザゲームに注力しつつも、アプリヘの取り組みを進め、プラットフォームの拡大を目指していく。海外ヒットアプリの逆輸入を行うほか、人気ブラウザゲームを低工数でShellAppにし、アプリとして提供することでアプリマーケットからの集客も行なっていく。DeNA自信でも一定割合をネイティブアプリの開発に投じる予定。 海外向けは、Net LTVとユーザー獲得コストのバランスを重視したマーケティングを行うほか、国内外Mobageで有力ディベロッパーとの提携を進めていく。Cygamesとの資本・業務提携や、ネクソングループとの業務提携などがあるが、他にも行なっていく計画のようだ。 このほか、無料通話アプリ「comm」は、500万ダウンロードを突破したが、1月から米国でプロモーションを開始したとのこと。さらに、2012年度中に音楽サービス「Groovy」を開始する予定。
株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)
https://dena.com/jp/

会社情報

会社名
株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)
設立
1999年3月
代表者
代表取締役会長 南場 智子/代表取締役社長兼CEO 岡村 信悟
決算期
3月
直近業績
売上収益1369億7100万円、営業利益224億9500万円、税引前利益312億5900万円、最終利益256億3000万円(2021年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
2432
企業データを見る