バンダイナムコゲームス、GREE『ソードアート・オンライン エンドワールド』のオープンβサービス開始

バンダイナムコゲームスは、本日(2月28日)より、「GREE」で『ソードアート・オンライン エンドワールド』をオープンβサービスを開始した。フィーチャーフォンとスマートフォンに対応している。スーパーアプリが開発を担当している。

本作は、電撃文庫の人気小説シリーズで、先にアニメーション化された「ソードアート・オンライン」を題材にした協力型RPG。ソードアート・オンラインのプレイヤーの1人となり、お気に入りのキャラクターとともに、クインラッドの上層を目指していく。

ゲームの流れは、多種多様な武器や防具、スキルを収集・強化したり、各階層のエリアを攻略し、様々な敵と戦っていく。各エリアにはモンスターが存在しており、時にはフレンドの力を借りることもできるとのこと。

興味深いのは戦闘で、コマンド形式で戦う。モンスターと一度に戦闘できるのは3分まで。モンスターから反撃を受けると時間が減り、時間がなくなったら再度攻撃することになる。しかし、20分位内に倒せないと討伐失敗となり、敵の体力が完全に回復した状態からやり直すことになる。

なお、今回のオープンβサービスでは、動作の安定性の確認やバランス調整などを行い、それが完了次第、正式サービスに移行するようだ。正式サービスが待たれる。

 

 

■『ソードアート・オンライン エンドワールド』

スマートフォン

フィーチャーフォン

 

 

©川原 礫/アスキー・メディアワークス/SAO Project All rights reserved.

(c)2012 NBGI

Powered by SuperAppli

株式会社バンダイナムコエンターテインメント
https://www.bandainamcoent.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社バンダイナムコエンターテインメント
設立
1955年6月
代表者
代表取締役社長 宮河 恭夫
決算期
3月
直近業績
売上高2507億6500万円、営業利益428億2000万円、経常利益440億5500万円、最終利益332億5700万円(2021年3月期)
上場区分
非上場
企業データを見る