バタフライ、FP版「モバ 7」で『鉄拳 X』の実機シミュレータアプリの配信開始

バタフライは、フィーチャーフォン版「Mobage」で提供中のパチンコ・パチスロ総合ポータル「モバ 7」で、山佐のパチスロ『鉄拳 X』の実機シミュレータアプリを配信開始した。 『鉄拳 X』は、世界的な人気を誇る格闘ゲーム「鉄拳」シリーズをモチーフとしたパチスロ機の第2弾として2006年に発売された。2004年発売の「鉄拳 R」から基本的なゲームフローを引き継ぎつつ、ボーナスの連続性をさらに高めた後継機となっている。 「鉄拳チャンス」と「鉄拳ラッシュ」の2つの高確率ゾーンを搭載しており、ボーナス期待度は「鉄拳チャンス」が75%、「鉄拳ラッシュ」では90%の高さ。液晶演出ではお馴染みのファイターたちが登場し、レアキャラの出現や、コスチュームの変化も高チャンスにつながるポイントとなる。 原作さながらのバトルアクションと、チャンスゾーンのループによる大量出玉が「モバ 7」で楽しめる。     ■関連サイト 「モバ7」   ©DeNA ©Butterfly ©NAMCO BANDAI Games Inc. ©YAMASA
株式会社バタフライ
http://www.butterfly-corp.jp/

会社情報

会社名
株式会社バタフライ
設立
2007年2月
決算期
5月
直近業績
非公開
上場区分
非上場
企業データを見る