合体RPG 魔女のニーナとツチクレの戦士、コロプラ、Google Play、App Storeに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームレビュー記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【リリース直前】テクニック次第で「番狂わせ」も狙えるゴーレム...

【リリース直前】テクニック次第で「番狂わせ」も狙えるゴーレムバトルが熱い!事前に遊んで見つけた『魔女のニーナとツチクレの戦士』の魅力に迫る

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ

コロプラ<3668>は、スマートフォン向け新作アプリ『合体RPG 魔女のニーナとツチクレの戦士』(以下『魔女クレ』)のリリースを2014年7月中旬に予定している。本作は、「合体」をテーマとしたコミカルでマジカルなスマートフォン向けRPG。「菜園シミュレーション」「アクションゲーム」「ストーリー」の3つのパートが同時に楽しめるという新しいタイプのゲームである。
 
今回「Social Game Info」では、『魔女クレ』を特集した連載記事を3回に渡って掲載。第2弾では、遊んで見つけた『魔女クレ』の魅力を、レビュー記事として余すところなく紹介していく。

■コロプラのノウハウが結集した作品


本作『魔女クレ』は「合体アニメRPG」という何とも奇想天外なジャンル名として、話題を振りまいたコロプラの隠し球と言える作品だ。というのも、『魔法使いと黒猫のウィズ』チームが開発していることで知られる同社の新作スマートフォン向けRPG『白猫プロジェクト』も同時期にリリースを予定していることもあり、ゲームファンにとっては『魔女クレ』の発表は予想もしなかったサプライズであったに違いない。
 
しかし、実際にふたを開けてみると王道RPGをテーマに据えた『白猫プロジェクト』とは対極に位置するものの、コロプラのノウハウが結集した意欲作であることは、すでに公開中のティザーサイトやプロモーションビデオを見るだけでも伝わると思う。
 
 

「魔女」「アニメ」「主題歌」「ゴーレムを畑で収穫」……そして「合体RPG」。多種多様なキーワードが散りばめられた『魔女クレ』であるが、そもそも前回のインタビュー記事でも記載している通り、本作は同社の『軍勢RPG 蒼の三国志』のコアアクションを使って、キャリーシリーズ(『キャリー・ストーリー』『秘宝探偵キャリー』)のキャラクター資産を掛け合わせた作品である。要するにふたつのエッセンスが、すでにゲームの根幹となるシステムや世界観に込められていることで、二番、三番煎じのように思われることだろう。
 
ところがどっこい、踏襲した作品のゲーム内容から逸脱するほど、豪華な物語演出やバラエティに富んだコンテンツが備えられており、さらに先ほどの多様なキーワードも違和感なく絡め取られているのが遊んでみると分かる。

 

■毎週アニメを観るような感覚で

 
本作の物語は、元気いっぱいの見習い魔女っ娘・ニーナとともに、個性豊かなゴーレムを引き連れて、不思議な大冒険に出かけるところから始まる。道中には、賞金稼ぎの剣士・レントや主人公たちの前に立ち塞がる魔法使い・リリーなど、世界観を彩る個性豊かなキャラクターたちが登場。また、キャラクターには豪華声優陣が起用されており、物語やバトルではフルボイス進行が楽しめるという、なかなかスマホゲームではお目にかかれない贅沢仕様となっている。
 

 

なお、ゲームのメインとなる「ストーリーパート」では、1話完結タイプの長編ストーリーを楽しみながら、物語と連動した数々のバトルに挑んでいく。また、1話クリアーすることで難易度「ふつう」から「むずかしい」を選択可能に。この「むずかしい」では、敵の強さが上昇するのはもちろん、バトル中に追加の会話劇が挿入されるなど、物語としての新たな一面も楽しめるのが特徴だ。ちなみに「むずかしい」をクリアーすると出てくる「チャレンジ」は、より刺激的なバトルを楽しみたい方にとっての高難度になっている。
 
章の終わりにはエンディングテーマが流れて、さらには次回予告が挿入されるなどのユニークな演出が施されている。インタビュー記事でも語っている通り、まさに「毎週アニメを観るような感覚」で楽しめる作品だ。
 
 

■声優キャスト(敬称略)
明坂聡美(ニーナ役) 沢城みゆき(魔女先生役) 下野紘(レント役) 堀江由衣(リリー役)
小杉十郎太(ミハエル役) 浪川大輔(アルト役) 伊藤静(シェスカ役) 川原慶久(クラウス役)
 
 

■戦略を練れば「番狂わせ」も狙えるゴーレムバトル

 
ここからは『魔女クレ』のバトルについて説明しよう。本作は、自身のゴーレム(ツチクレの戦士)たちを操って敵のクリスタルを破壊するといった、陣取り合戦のようなルールを採用している。バトルには、7体+助っ人1体の計8体のキャラクターたちを連れていける。実際バトルに参加できるのは5体まで、残りは控えとなり倒された場合は補充されていく形だ。なお、ゴーレムは全部で5種類存在する。
 


・ドラゴン型:複数の敵を巻き込む炎で圧倒
・魔導士型:遠距離から魔法の炎を飛ばす
・剣士型:巧みな剣技を活かして最前線で戦う
・天使型:空を飛んで障害物も飛び越える
・悪魔型:恐ろしい姿と自慢の怪力で暴れまわる
 
このように各々特徴的なステータスを備えているが、もちろん得意不得意もある。抜群の攻撃力を誇る悪魔やドラゴンは移動速度が遅く、敵に陣地のクリスタルを破壊されてしまう心配があるもの。対して天使は多少能力が劣るものの移動速度が速くて、なおかつ障害物を飛び越えられることから、うまく奇襲をさせて敵陣地のクリスタルを破壊させるのに一役買う。

 

このように各ゴーレムたちの良し悪しを理解して、バトルフィールドの状況や敵の動向にも注意し、臨機応変に立ち回ることが勝利の鍵となっていく。きちんと道筋立てて戦略的に行動することで、どんな強敵でも番狂わせで勝利を収められるのは、『魔女クレ』の魅力のひとつといえよう。
 
ちなみにゴーレムたちは、スワイプすることで移動させられるのだが、長押しすると一度に複数のゴーレムたちを動かすことが可能。また、画面上部のミニマップをタップすることで、瞬時に画面を切り替えられるため、うまく使いこなしていくことがマストプレイとなる。さらに各ゴーレムには、バトル中に一度だけ強力なスキルを発動できる。攻撃範囲も広いため、敵が一箇所にかたまっているところを一掃していこう。

 
 
 
 

■四の五の言わずに、とりあえず合体だ


さて、改めて言うことではないが、バトル中にゴーレムたちは合体できる。それもバトルに参加している各々のゴーレムたちがバラバラのパーツとなり、手や足となって1体の巨大ゴーレムが出来上がるさまを、熱い挿入歌付きで拝めるのだ。そんな合体のことを『魔女クレ』では、「魔導合体」と呼ぶ。

 
 
この魔導合体は、敵を倒して上昇する合体ゲージを溜めることで発動できる。合体は2体から最大5体まで、数が増えてくに連れて強く巨大になっていく。また、合体後はすべてのゴーレムが吸収されて巨大な1体になるのではなく、最初に選択したベースとなるキャラクター以外はフィールドに残るようになっている。
 
なお、合体後のゴーレムはベースとなる兵類に依存しているため、最初に選ぶキャラクターや合体するほかのゴーレムを変えるだけで、格好良いタイプから奇抜なタイプまでバラエティに富んだ姿で生まれてくる。ちなみに組み合わせは18億通り以上あるとのこと。敵ゴーレムを倒せば合体ゲージがどんどん溜まっていくため、ゲージが溜まったら四の五の言わずに合体することをおすすめする
 
 
▲ガシャーンッ! ガシャーンッ!(合体シーン)

 
▲合体後は、新たな形のゴーレムに変化

 
▲同じ「ブレイブファイター」でも組み合わせによって見た目も能力も変化
 
 

■レベルアップはお好きなタイミングで

 
バトルをクリアーすることで、プレイヤーはEXP(経験ポイント)を手に入れられる。しかし、『魔女クレ』ではEXPが参加キャラクターに付与されるのではなく、溜めておくことができ、パーティー編成画面で好きなときキャラクターにEXPを注入できるのだ。ただし注意してほしいのは、EXPには所持限度が存在するため、ある一定のところまで溜まったら、ちゃちゃっとキャラクターに注入してしまうのが得策だろう。また、キャラクターをEXP変換することも可能だ。いわゆる従来のゲームにおける「売却」のようなものである。
 
また、同じキャラクターを合成してパワーアップする「キャラ覚醒」では、レベルの上限を引き上げたり、同じスキルを持っているキャラクターであれば、スキルレベルを上げたりすることが可能だ。なお、覚醒にはEXP100が必要となる。
 
 
▲「レベルアップ」画面と「キャラ覚醒」画面


そして、キャラクター召喚(ガチャ)は、仮想通貨のクッキー×20枚で1回できる。クッキーは、ステージの初回クリアー報酬のほか、「ステータス」画面から5枚99円(税込107円)から購入可能だ。キャラクター召喚には、1章をクリアーすることで「ストーリーキャラ」を解放できる。前述しているように、本作では新規キャラクターのほかに、キャリーシリーズのキャラクターをリファインしたものも登場するので、ついついシリーズファンの方は多くのキャラクターを仲間にしたくなってしまうだろう。
 
 
 
 
 
 
 

■ガーデニング感覚でゴーレムを育成

 

ゴーレムの源でもある「魔女の庭」では、ゴーレム育成に欠かせないGP(ゴーレムポイント)を収穫できる。GPは、一定時間が経過すると畑からニョキニョキと生えてくる「ゴーレムちゃん」をなぞることで収穫可能だ。スポンッと飛び抜けてくる演出は、なかなか病みつきに。ちなみにクッキーを使用することで、一瞬にして畑一面をGPで埋め尽くす「いでよ、ゴーレム!」が使用可能だ。恐らくサービス開始後は、キャラクター召喚以上に「いでよ、ゴーレム!」におけるクッキー使用が目立つようになることだろう
 
さて、「魔女の庭」では土選びをはじめ、肥料、水やり、そしてモグラ対策など、ガーデニング感覚で畑を手入れしていく必要がある。肥料などは、GPを使用してグレードアップすることで、新種のゴーレムが見つけやすくなるのだが、畑の手入れをサボって長時間放置してしまうとモグラにGPなどを食べられてしまうため、定期的に畑を覗いて収穫したり、モグラ対策用のアイテムを設置したりするのが大切になってくる。
 
 
▲「ショップ」から土や肥料をグレードアップして新種のゴーレムを見つけよう
 

希少価値の高いレア素材を手に入れたら、いよいよゴーレムのグレードアップ。畑上部の家をタップすることで入室できる「魔女の研究室」では、GPと手に入れたレアゴーレムを使ってゴーレムの強化が可能。強化することで、HPや攻撃力にボーナス補正がついたり、体の部位が着色されたりと、能力的にも見た目的にも嬉しい変化が出てくる。前述したキャラクターのレベルアップと、今回のゴーレムの強化、このふたつのアクションを積極的に行うことが何よりも強さの秘訣だ。
 
 
▲強化すると見た目的な変化も!


なお、「魔女先生からの課題」をクリアーすることで、クッキーをはじめプレイヤーランクを上げるためのアイテムが手に入る。ランクアップすると、先ほどのEXPやGPの上限が増えるため、より快適なゲーム進行が可能となる。課題には、「バトル中に魔導合体を○回成功させる」や「キャラクターを○体EXPに変換する」など様々。かなりのやり込み要素が期待できるだろう。
 
 
▲EXP上限を早めに解放させるためにも課題は積極的にこなすのがベスト
 
 

■『魔女クレ』最大の武器

 
冒頭で話しした通りに、『魔女クレ』には多種多様なキーワードが存在する。しかし、それらのキーワードは、一見して共通しない散らばった要素かと思いきや、これが遊んでみると綺麗な一本線で繋がっているのが分かる。「魔女」や「合体」、「畑」などなど、混じ合うことのないキーワードの数々が、面白いぐらいに調和しているのは、『魔女クレ』の魅力であり、他作品にない最大の武器ではないだろうか。
 
また、合体アニメRPGの名に恥じないほどの詰め込み具合も清々しい。王道を歩む『白猫プロジェクト』とは異なり、独自の路線を開拓して我が道を突き進む『魔女クレ』は、これまた「スマートフォンRPGが行き着くひとつの答え」なのかもしれない。
 

 


■現在、事前登録を受付中! 
 
現在『魔女クレ』の配信に先立ち、公式サイト上で事前登録を行っている。特典には、事前登録限定キャラクターの激レア(★3)ニーナが手に入る。ボタンひと押しで特典コードが発行できる本当に簡単な事前登録のため、リリース前には忘れずに登録しておこう。さらに公式Twitterをフォローしておくと、追加でゲーム内アイテムがもらえるキャンペーンも開催中。

■特典1: 限定キャラクターを獲得できる
① 紹介サイト内にある「特典コード発行」ボタンをクリックで登録完了。
② 遷移する画面内に「特典コード」が表示される。
③ 「特典コード」をゲーム内で入力することで、限定キャラクターを受け取れる。

▲事前登録限定の激レア(★3)ニーナ

■特典2: ゲーム内アイテムを獲得できる
① 『魔女クレ』の事前登録用Twitterアカウントをフォロー。
事前登録用Twitterアカウント
② Android版リリース後「アイテム獲得コード」を事前登録用Twitterアカウントでツイートで告知。
③ 「アイテム獲得コード」をゲーム内で入力することで、ゲーム内アイテムを受け取れる。

※ゲーム画面のキャプチャは開発中のものです

© 2014 COLOPL, Inc.
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

企業情報(株式会社コロプラ)

会社名 株式会社コロプラ
URL http://colopl.co.jp/
設立 2008年10月
代表者 馬場功淳
決算期 9月
直近業績 売上高389億2000万円、営業利益29億5200万円、経常利益16億5500万円、最終利益10億7000万円(2019年9月期)
上場区分 東証一部
証券コード 3668

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事