プリティーリズムシェイク、エイベックス・ピクチャーズ、Google Play、App Storeに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームアプリ調査記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【レビュー】「キンプリ」大ヒットなので『プリティーリズムシェ...

【レビュー】「キンプリ」大ヒットなので『プリティーリズムシェイク』を紹介…ヒロ様、カヅキ先輩、Over The Rainbowの楽曲でリズムゲームが遊べる

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
「キンプリ」こと、劇場版「KING OF PRISM by PrettyRhythm」が好調だ。2016年1月に上映開始となり、動員人数が約36万人、興行収入が約6億円を記録し、当初の見通しを大きく上回るヒット作品となった。「キンプリ」は、女児向けTVアニメ「プリティーリズム・レインボーライブ」のスピンオフ作品で、同作のボーイズユニット“Over The Rainbow”をフィーチャーした作品となっている。

この「キンプリ」をきっかけに、もととなった「レインボーライブ」だけでなく、「オーロラドリーム」や「ディアマイフューチャー」といったシリーズ作品を視聴した方も少なくないだろうと思う。今回は、そんな注目度が上がっているプリティーリズムシリーズのゲームアプリ『プリティーリズムシェイク』を紹介しておこう。2015年3月に登場し、リリースからすでに1年以上が経過しているタイトルだ。

『プリティーリズムシェイク』は、1200万ダウンロードを誇るdooubのリズムゲーム『シェイク』シリーズと、「プリティーリズム」シリーズとのコラボレーション作品となっている。作品中に登場する好きなキャラクターで「ユニット」を組んで、プリズムショーやリズムアクションを成功させ、プリズムスターに成長させていく。

さて、メインとなるのは、やはりリズムゲームだ。リズムゲームの内容は、他のゲームと同じくシンプルで、楽曲に合わせて画面上部から落ちてくるノーツをタイミングよくタップやスワイプして、ハイスコアを目指していく、というもの。プリズムジャンプや、コンボの回数、楽曲の属性、ユニットの能力、楽曲の難易度がポイントになってくる。
 
▲リズムゲームは、上から落ちてくるとハート型のノーツがボタンに重なったタイミングでタップをする。またミスをすると、体力が減っていき、0になるとプリズムショーの失敗となる。


リズムゲームの売りは、なんといっても歴代シリーズの名曲でリズムゲームが遊べる点だろう。OP・EDテーマだけでなく、キャラクターソングやユニットソングも用意されている。当初は「レインボーライブ」がメインだが、ランクを上げていくと、シリーズ他作品の楽曲はもちろん、ヒロ様の「Pride」や、カヅキ先輩の「FREEDOM」、Over The Rainbow「athletic core」もプレイ可能になる。
 
▲ランク17になると「PRIDE」が解放となる。ちなみに、ランク44で「FREEDOM」、ランク76で「athletic core」が解放される。このほか、「Rosette Nebula」や「Que sera」、「get music」、「nth color」など人気楽曲もプレイ可能である。


攻略ポイントとして、コンボをつなげていくことはもちろんだが、特に楽曲の属性に合わせてユニットを組むことがあげられる。このあたりは他の人気のリズムゲームと大きく変わるものではない。プリティーリズムらしさはどこにあるかというと、アニメと同様、「マスコット」が存在しており、キャラクターに付けることでその能力を引き上げることができることだろう。
 
▲「デコる」で「プリズムストーン」を使ってキャラクターのレベルを上げていく。キャラクターにマスコットをつけたり、進化させたりすることも。シリーズでお馴染みの赤井めが姉ぇも登場している。

 
▲ユニットは、3人で1組となる。楽曲の属性に合わせてユニットを組むことが重要だ。「どしゃぶりHAPPY!」は、ラブリー、クール、ポップなので、それぞれに強みを持つキャラでユニットを組む。作品に合わせて、なる、あん、いとで組んでみた。あいらはヘルプである。


また、難易度の選択も重要になる。最初から全ての難易度で遊べるわけではなく、イージーをクリアするとノーマルが、ノーマルをクリアするとハードが解放される。ゲーム開始当初は、リズムゲームに慣れている人であれば、イージーとノーマルを早めにクリアし、ハードを中心に遊んでもいいかもしれない。当初はユニットのパラメーターが低いため、イージーやノーマルなどでミッションをクリアすることがかえって難しく、ノーツが大量に出てくるハードのほうがミッションをクリアしやすい傾向にあると感じる。育成に使うお金やプリズムストーンなどの各種素材を集めたい。

このほか、「FREEDOM」や「nth color」、「cherry -picking days」など、「レインボーライブ」の一部楽曲については、有料の仮想通貨「ジェム」を使うことでフルバージョンで遊ぶことも可能になる。「EZ DO Dance」のDJ.COOバージョンなどもファンならば抑えておきたい楽曲であろう。

以上、簡単にゲームの内容を紹介してきた。シリーズ作品を見た記者にとっては、作中に流れた音楽を使ったリズムゲームが遊べるというのは、ちょっとした感動であった。プリズムショー中の演出でノーツが見づらくなるところもあるなど、気になる点もいろいろとあるにあるのだが、作品のファンであれば、楽しめるのではないか。また、今後、「キンプリ」のキャラや楽曲の追加も期待したいところである。
 
(編集部 木村英彦)


 
■関連サイト
 

App Store

Google Play

公式サイト




© T-ARTS / syn Sophia / テレビ東京 / PRR製作委員
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ​dooubプリティーリズムシェイクエイベックス・ピクチャーズ

企業情報(エイベックス・ピクチャーズ株式会社)

会社名 エイベックス・ピクチャーズ株式会社
URL http://avex-pictures.co.jp/
設立 2014年4月
代表者 代表取締役社長 寺島 ヨシキ/代表取締役副社長 勝股 英夫
決算期 3月
直近業績 非公開
上場区分 未上場
証券コード

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事