18年1-3月決算、サイバーエージェントに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【サイバーエージェント決算説明会】第2四半期は大幅増益 「良...

【サイバーエージェント決算説明会】第2四半期は大幅増益 「良い決算だった」 AbemaTV順調に拡大 投資支えるネット広告・ゲームは過去最高業績

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ


サイバーエージェント<4751>は、4月26日、第2四半期累計(17年10月~18年3月)の連結決算を発表するとともに、東京都内で証券アナリスト・機関投資家向けの決算説明会を開催した。売上高2074億円(前年同期比15.3%増)、営業利益197億円(同37.9%増)、経常利益185億円(同39.2%増)、最終利益42億円(同61.6%増)と大幅な増益を達成した。

第2四半期の数字を見ると、売上高が前四半期比で11.9%増の1095億円、営業利益が同39.3%増の114億円、経常利益が同38.4%増の107億円、最終利益が同20.1%減の18億円だった。AbemaTVの先行投資をこなしつつ、ネット広告とゲーム事業が伸びたことが主な増益要因だ。

決算説明会に臨んだ藤田晋社長(写真)は、「売上高と、AbemaTVへの投資を除いたものという前提付きとなるが、既存事業の営業利益がともに過去最高を更新した。全体的に良い決算だったといえる」と振り返った。決算説明会では、AbemaTVの足元の視聴動向や収益化の進捗状況、今後の見通しなどについて質問が集中した。


 


 
■順調に拡大続くAbemaTV

中長期的な戦略事業として投資を行っているAbemaTVは拡大が続いた。話題性のある特番に加え、恋愛リアリティやオリジナルドラマなど独自の番組制作を強化したことが奏功し、月次アクティブユーザー数(MAU)は1000万人を超え、週次アクティブユーザー数(WAU)も500~600万人まで拡大した。「地固めしながら地層が積み重なるように伸ばしている。大きな番組を放送して一気に伸ばすのではなく、しっかりといい番組を作りつつ、サービスを改善することに注力している」という。
 

また、アプリのダウンロード数については、2900万件を突破したが、最近ではほとんど広告宣伝を行っていない、と述べた。リリース当初は宣伝を行っていたものの、特番や新番組が各所で話題になるだけでなく、番組出演者のファンがAbemaTVの利用を始めるなど、多様なルート、きっかけで認知されるようになり、ダウンロードを増やしているそうだ。
 


メディア事業全体を見ると、「AbemaTV」と「タップル誕生」の収益貢献で、メディア事業の増収基調が続いている。AbemaTVの収益については、月額課金制のAbemaビデオや広告販売がメインだが、ユーザーに視聴してもらうことを優先しているため、本格的なマネタイズはまだ先になるとのこと。広告についても広告主と試行錯誤しながら効果の高い成功パターンを模索している最中にあるという。
 


 
■ネット広告は過去最高業績を更新

「AbemaTV」への巨額投資を支えるインターネット広告は順調そのもの。スマートフォン広告がけん引し、売上高が前年同期比16.9%増の614億円、営業利益が同23.3%増の65億円と過去最高を更新した。スマートフォン広告のなかでも特に動画広告への需要が伸びているという。ブランディング広告からのニーズが高く、動画広告の売上高は100億円を突破した。広告主の多くが3月期末を迎えることもあり、予算消化などの需要が伸びたことも大きい。
 


食品や自動車、ファッション関係を中心に、これまでネット広告への出稿に消極的だったナショナルクライアントが動画広告に積極的に取り組んでおり、新規顧客となっていることも大きいとのことだった。またサイバーエージェントグループとして、広告代理事業だけでなく、動画広告などクリエイティブの制作やアドテク、動画スタジオまで揃っており、運用力に加えて、ワンストップで提供できる強みが生きているとのこと。
 


 
■ゲーム事業は『プリンセスコネクト!Re:Dive』がけん引

広告に並ぶ柱であるゲーム事業も好調だった。ゲーム事業の売上高は前四半期比(QonQ)で19.9%増の404億円、営業利益が同51.7%増の85億円と増収増益を達成した。売上高は過去最高となり、営業利益も2番目の規模となった。藤田社長は、「ゲーム事業は、ここ5四半期ほどは横ばいが続いていたが、新作がヒットしただけでなく、既存タイトルも復調し増収となった」という。
 


Cygamesのリリースした新作『プリンセスコネクト!Re:Dive』がアプリストアのセールスランキングで上位に定着するなどヒットし、全体のけん引役となった。「当社グループの主力タイトルに加わった」。さらに『グランブルーファンタジー』と『戦国炎舞-KIZNA-』とみられるが、周年を迎えた2タイトルのイベント・キャンペーンが好調だったことも収益の押上要因となったそうだ。
 


 
■通期業績予想を据え置き

なお、2018年9月通期の業績予想については、売上高4200億円(前期比13.1%増)、営業利益300億円(同2.3%減)、経常利益280億円(同2.6%減)、最終利益50億円(同24.2%増)と従来予想の据え置きとした。第2四半期までの進捗状況を見ると、売上高が49%、営業利益が66%、経常利益が66%、最終利益が85%に到達した。利益については、50%を大きく上回っており、このままいくと通期計画から上ブレる公算が大きい。
 


セグメント別の営業利益の進捗状況は、ネット広告とゲーム事業はそれぞれ50%を超えている。AbemaTVについては通期で200億円の赤字を出すとしたが、第2四半期では89億円となっている。進捗率は45%となる。
 


業績予想を据え置いた理由について、藤田社長は「第2四半期が出来過ぎだったところもあるし、ゲーム事業のボラティリティも勘案したため」とコメントし、保守的な予想であることを示唆した。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 18年1-3月決算サイバーエージェント

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事