Shadowverse(シャドウバース)、Cygamesに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームイベント記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【シャドバフェス!】バハムート降臨にガチャピン&ムックまで登...

【シャドバフェス!】バハムート降臨にガチャピン&ムックまで登場!? リアル脱出ゲームのブース出展も行われた「シャドバフェス2018」会場レポート!

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ

Cygamesは、5月5日から6日の2日に渡り、幕張メッセ9・10番ホールにて、自社が運営する『シャドウバース』の大型イベント「シャドバフェス2018」を開催した。

今年発足した『シャドウバース』のプロリーグ「RAGE Shadowversea Pro League」の開幕戦が「シャドバフェス」内のステージで行われるということもあり、昨年以上の注目を集めた。本稿では、各ブースの内容を紹介するとともに、会場の様子をレポートしていく。



会場に入ってすぐ横に設営されていたのは物販エリア。人気のオフィシャルグッズはもちろんのこと、「シャドバフェス2018」先行販売のグッズも販売された。




▲販売されているグッズが陳列されたケースが設置されており、多くの人が足を止め、じっくりと鑑賞していた。

その奥には、Cygames関連タイトルのグッズを販売するCyStore(サイストア)の出張店も設営されていた。こちらでは、先行販売となるスマートフォンケースの販売も行われた。



▲アルミやジェラルミンを削りだしたスマートフォン用ケースを作るGILD designとのコラボ商品。ケースの背面を差し替えられるようになっている。


▲Cystoreの横には、ゲーム中にも登場するエンブレムがデザインされたピンバッジのガチャも設置。

物販エリアの方に向かわず、外に出るとフードエリアとなっており、会場限定の『シャドウバース』コラボメニューも提供されていた。

 

特設ステージでは、「RAGE Shadowversea Pro League」の開幕戦を含め、様々なイベントが執り行われた。そのうち、5日の「au デトネーション対名古屋OJA ベビースター」と、「しゃどばすチャンネル SP シャドバフェス出張版」については、別記事で詳しくレポートする。

【関連記事】
【シャドバフェス!】「RAGE Shadowverse Pro League」開幕戦でドラマが生まれる!…au デトネーション対名古屋OJA ベビースターをレポート


▲終日、ステージの司会進行を務めたのは、ゲームキャスターの岸大河さん(写真左)と、タレントの山口慧さん(写真右)のふたり。

ちなみに、「RAGE Shadowversea Pro League」の開幕戦には、応援サポーターとしてガチャピンとムックが登場。総額100万円が当たるキャンペーンのクイズを出題したり、勝利者インタビューに同席したりと、イベント進行に一役買っていた。



▲意外すぎるふたりの登場に、会場からも驚きの声があがっていた。

会場では、「RAGE Shadowversea Pro League」だけでなく、一般のプレイヤーたちが参加する"アンリミテッド大会"、"チーム大会"が開催されていた。

さらに当日受付の"2Pick大会"、"4人制トーナメント"といった大会も同時に開催されていたので、多くのプレイヤーたちが集っていた。。



▲会場のおよそ3分の1を占める大会エリア。こちらでも、1日中熱い試合が繰り広げられていた。

会場の中央には、『シャドウバース』のイベントには欠かせない"有名プレイヤー対戦&デッキ相談会エリア"が設置され、抽選に当選した人たちが有名プレイヤーたちとの対戦を楽しめた。なかでも、もこうさんのコーナーには、多くの人が詰めかけて観戦していた。

しかも、今回はその日対戦を行ったプロチームの面々も"対戦&相談会"に参加しており、いつも以上にプレミアム感の強いコーナーとなっていた。これまでにも、彼らとの対戦経験がある人もいるだろうが、プロ選手となった彼らとの戦いは、また一味違うものであったに違いない。

 
 
■参加有名プレイヤー一覧(day1)[※敬称略]
・もこう
・最終兵器俺達こーすけ
・梨蘭
・つるおか(かものはし)
・ゆいっこ
・みかん
・au デトネーション(Enju、Shinkey、ミル、cross7224)
・名古屋OJA ベビースター(あるじ、SOS、さに、えすぴー)

その隣の展示エリアには、最新のカードパック「Dawnbreak, Nightedge / 起源の光、終焉の闇」も含め、これまでリリースされたカードを展示。




展示エリアの一角では、コスプレイヤー撮影会も実施された。時間制となっており、その都度メンバーが入れ替わる。時間によっては8名以上のコスプレイヤーが出演しており、圧巻の集合写真が撮影できた。


▲写真左からみゃこさん、Lemiさん、くろねこさん、なっこさん、まめだいふくさん、ないるさん、渚さん、火将ロシエルさん。

■参加コスプレイヤー一覧(day1)[※敬称略]
・みゃこ(アリサ)
・成賀くるみ(エリカ)
・渚(イリス)
・ken(ユアン)
・なっこ(ブラッドクイーン・ヴァンピィ)
・五木あきら(不思議の探究者・アリス)
・火将ロシエル(ダラダラ天使・エフィメラ)
・篠崎こころ(オズの大魔女)
・くろねこ(ブリンディ)
・ないる(夜の令嬢・セレス)
・Lemi(神秘の番人・スピネ)
・えい梨(ツクヨミ)
・まめだいふく(アマテラス)
・クレイゴーレム
・ハッピーピッグ

その他にも、会場内にはリアル脱出ゲームの運営を行うSCRAPがブースを出展。4月27日より、東京ミステリーサーカスで開催中の『シャドウバース』をモチーフとしたリアル脱出ゲーム「影に沈む世界からの脱出」のPRも兼ねて、会場限定の謎を出題。

正解した来場者には、スタンプラリー用のスタンプが贈呈される。スタンプラリーは、他のブースにもスタンプが設置されており、それを3つ以上集めることでゲーム内アイテムがプレゼントされる他、抽選で『シャドウバース』オリジナルグッズや、「影に沈む世界からの脱出」のペアチケットがプレゼントされた。






▲スタンプラリーの抽選に当選すると、これらのグッズがもらえた。

 
(取材・文 ライター:宮居春馬


 
■『Shadowverse』(アプリ版)
 

App Store

Google Play

公式サイト

公式twitter

 
■『Shadowverse』(PC版)
 

DMM GAMES版

Steam版


 
© Cygames, Inc.
Copyright (C) since 1998 DMM All Rights Reserved.
© CyberZ, Inc. All Rights Reserved.
© avex entertainment Inc.
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

企業情報(株式会社Cygames)

会社名 株式会社Cygames
URL https://cygames.co.jp/
設立 2011年5月
代表者 渡邊 耕一
決算期 9月
直近業績
上場区分 非上場
証券コード

株式会社Cygamesの求人情報

3DCGアーティスト

キャラクターのモデル作成 背景モデルの作成 キャラクターモデルのモーション作成 エフェクトの作成 3Dグラフィックのアートディレクション

イラストレーター

・ゲーム内に登場するキャラクターやアイテムの原画・彩色を担当 ・ゲーム内アニメーション用キャラクター制作 ・新規ゲーム用のコンセプトアート

ゲームスクリプター

ゲームスクリプターはユーザーが熱狂するような、「最高のコンテンツ」制作を担う仕事です。 ゲーム開発の現場で、スクリプト言語を用いてイベントを組み立てたり、 キャラクターの動きを指定したり、ゲームを構築する役割をお任せします。

株式会社CygamesのSPECIAL記事

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事