18年10-12月決算、サイバーエージェントに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【速報3】サイバーエージェント藤田社長、下方修正の経緯を明ら...

【速報3】サイバーエージェント藤田社長、下方修正の経緯を明らかに 収益構造の異変は昨夏認識 新作や広告の出遅れを見て決断 費用構造改革で再出発へ

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ


サイバーエージェント<4751>の藤田晋社長(写真)は、本日(1月30日)開催の第1四半期決算説明会で、下方修正を行った経緯を明らかにした(関連記事)。売上に対してコストが増えすぎたという意味での収益構造の異変に気づいたのは昨年の第4四半期(2018年7~9月)だったという。

ただ、これまで予想に対してコストが増える傾向にあったが、それを上回る売上の伸びでカバーできていた。『ドラガリアロスト』の初月が好調だったこともあり、かなりの期待を込めて営業利益の予想を300億円としたそうだ。

『ドラガリアロスト』は、かなりいいスタートだったものの、広告宣伝費を投下してユーザーが増えても課金売上が増えない状況に陥り、想定を下回る見通しとなった。ネット広告も同様で、20%台の増収を見込んでいたが、2四半期連続で10%台前半の伸びにとどまった。
 


そこで、2018年11月の段階で全社的なコストを絞り込む方向に転換したという。広告宣伝費は比較的短期間で削減できるものの、人件費についてはどうしても時間が必要になる。中途採用をいったんストップし、グループ内の移動で対応していく考え。

なお、藤田社長は、下方修正を行わず、第2四半期以降で挽回することも考えたものの、「経営判断が遅れる」とし、いったん悪材料をすべて出し尽くしてやり直すことにしたと明かした。営業利益予想200億円を上回るつもりでやっていきたいと述べた。
 


 
(編集部・木村英彦)
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 18年10-12月決算サイバーエージェント

企業情報(株式会社サイバーエージェント)

会社名 株式会社サイバーエージェント
URL http://www.cyberagent.co.jp/
設立 1998年3月
代表者 藤田晋
決算期 9月
直近業績 売上高3713億円、営業利益307億円、経常利益287億円、最終利益40億円(2017年9月期)
上場区分 東証1部
証券コード 4751

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事