19年1-3月決算、ソニーに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ソニー音楽分野、19年3月期は連結化したEMIの再評価益で営...

ソニー音楽分野、19年3月期は連結化したEMIの再評価益で営業益82%増を達成 20年3月期は減益減益 『FGO』や『マギレコ』などゲームアプリも減収見通し

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
ソニー<6758>の音楽分野の2019年3月期の業績は、売上高が前の期比0.9%増の8075億円、営業利益が同81.9%増の2325億円だった。大幅な増益となったが、その要因は、、EMIの連結子会社化の効果だ。EMIの音楽出版が寄与したほか、EMIの連結子会社化による再評価益1169億円が発生したことによる。

2020年3月期は、売上高は前期比2.8%増の8300億円、営業利益が同43.2%減の1350億円となる見通し。前の期に計上されたEMIの再評価益が計上されなくなるためだ。

また、アニプレックスが展開する『Fate/Grand Order(FGO)』や『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』などモバイルゲームについて2020年3月期においては減収を見込んでいるという。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 19年1-3月決算ソニー

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事