19年7-9月決算、カプコンに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > カプコン、eスポーツ事業は「依然として費用先行」(野村CFO...

カプコン、eスポーツ事業は「依然として費用先行」(野村CFO) プレイヤー層の裾野拡大に取り組む

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
カプコン<9697>は、昨日(10月29日)、eスポーツに関しては費用先行の状況にあると明かした。eスポーツ事業を展開する「その他事業」の業績は、売上高が16億3300万円(前年同期比16.4%増)、営業利益7億3300万円(同7.0%増)と増収増益となったが、ライセンス収入が増加したことによるもので、eスポーツ事業については「依然として費用先行の状況は変わっていない」とのこと。

同社では、現在、プレイヤー層の裾野拡大に取り組んでおり、引き続き強化を図る。上期では「CAPCOM Pro Tour アジアプレミア」を9月に開催したほか、2020年にインテル社が開催するeスポーツ大会「Intel World Open」で「ストリートファイター」の採用が決定したとのこと。
 


下期では、国内では「ストリートファイターリーグ: Pro-JP operated by RAGE」(チーム戦)を10月から放送開始となる。さらに、米国で「Capcom Pro Tour」 の世界決勝大会「Capcom Cup」(個人戦)を12月に実施する。
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( カプコン19年7-9月決算

企業情報(株式会社カプコン)

会社名 株式会社カプコン
URL http://www.capcom.co.jp/
設立 1983年6月
代表者 辻本春弘
決算期 3月
直近業績 売上高642億円、営業利益105億円、経常利益108億円、当期純利益66億円(2015年3月期)
上場区分 東証一部
証券コード 9697

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事