19年7-9月決算、日本コロムビアに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > フェイス、中間期の営業益予想を1億円から3.3億円に大幅上方...

フェイス、中間期の営業益予想を1億円から3.3億円に大幅上方修正…日本コロムビアなどのライブ売上と音源使用の売上が堅調

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
フェイス<4295>は、11月8日、9月中間期の連結業績予想を上方修正した。

売上高102億円(前回予想101億円)
営業利益3億3000万円(同1億円)
経常利益3億8000万円(同2000万円)
最終損益3億7500万円の赤字(同5億円の赤字)

従来予想からの修正率は、売上高が1.0%増、営業利益が230.0%増、経常利益が1700%増となる。

同社では、日本コロムビアとドリーミュージックのレーベル事業において、所属アーティストのライブ売上と、自社音源使用にかかる売上が堅調に推移したため、と説明している。また、これに伴い法人税調整額も増加したとのこと。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( フェイスドリーミュージック19年7-9月決算

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事