フーモアに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム新作記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > フーモア、東宝やアスミック・エースらとインタラクティブノベル...

フーモア、東宝やアスミック・エースらとインタラクティブノベルアプリ『StoryMe」を共同開発! 本日全世界でリリース!

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


フーモアは、本日(11月27日)、東宝やアスミック・エースらパートナー企業とコンテンツ開発を行ったインタラクティブノベルアプリ『StoryMe(ストーリーミー)」を全世界(日本語版・英語版)でリリースしたことを明らかにした。

本作は、インタラクティブノベルアプリといった絵と文字で構成される。ストーリーが選択式となっており、 プレイヤー自身の選択によって物語が進んでいく。

プレイヤーの選択に応じてストーリーが分岐したり、 登場キャラクターの反応が変わったりする、 インタラクティブ(双方向な)ストーリー展開が特徴だ。

物語の随所にはプレミアルートがあり、 プレイヤーが課金をするとより深く物語を楽しめたり、 選択できるキャラクターの衣装や髪型が増えたりする。

提供する作品のジャンルは、ロマンスやファンタジー、サスペンス、ホラー、ヒーロー、コメディなどの様々な物語を配信していくとのこと。
 


【作品ラインナップ(シナリオライター)※一部】
・BLUEMOON(如月新一)
・Her beautiful Dream(松浦愛子 AAOProject)
・Inside The Toy(能塚裕喜)
・Love or Money?(貫徹)
・STYLIST(桐嶋嶺)
・Who is your prince? ~in the rich school~(吉部シュウ)
・ペイジの事件簿(能塚裕喜)
・東京兇器博物館(岡田伸一)
・百鬼輪廻(Rejet)
・氷彗星のカルテット(原案:大和田廣樹 脚本:A.)
・放課後呪呪呪倶楽部(大城密)


なお、このビジネスは、パートナー企業と共同で権利を保有してStoryMe上で展開し、売上に対して継続的に印税を原作者には払う座組になっており、 より良いコンテンツが生まれていくと確信しているという。

近年、スマホの普及を背景に、紙の書籍を読む機会は減っているものの、「読む」という行為はむしろ増えている。そして、従来と異なり、絵など視覚的要素を取り入れたビジュアルコミュニケーションが主流になってきた。

今回の取り組みによって、 フーモアは「StoryMe」によって新しいマンガスタイルを提唱し、 海外で手軽に日本の面白いコンテンツを普及させることで「クリエイティブで世界中に感動を」の実現を目指す、としている。


【 パートナー 企業一覧】
東宝
アスミック・エース
AAO Project
SMIRAL
IoTスクエア
トラロックエンターテインメント
 


 
■関連サイト
 

公式サイト

公式twitter

公式Facebook

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( フーモア

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事