19年10-12月決算、ドリコムに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【速報2】ドリコム内藤社長、BXD株式売却の経緯を明かす 「...

【速報2】ドリコム内藤社長、BXD株式売却の経緯を明かす 「enza」にはパートナーとして引き続き「深く関与」

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ


ドリコム<3793>の内藤裕紀社長は、この日の決算説明会で、49%出資していたBXD全株式のバンダイナムコエンターテインメントへの売却の経緯を明かした。バンダイナムコの展開するIPを中心にしたコミュニティプラットフォームとして「enza」を位置づけていく中、バンダイナムコグループ主導で運営していくため、バンダイナムコエンターテインメントから保有株式を買い取りたいとオファーがあり、承諾することになったと明かした。

「これはあくまで個人的な推測」と前置きしながら、これまでのHTML5のオンラインゲームに加えて、様々なサービスやIPベースにした総合的なコミュニティを展開していくとなると、合弁会社が運営する形では、特に情報などの取り扱いで難しい部分が出てくるため、バンダイナムコエンターテインメント単独で株式を保有することが望ましいと判断したのではないか、と語った。

なお、株式の売却予定日は3月末で、売却金額はまだ確定していないが、2020年3月期の業績にオンしてくることになる。それ以外の収益への影響は、営業外損益に計上されていた持分法投資損益が来期(2021年3月期)から計上されなくなる。ただ、enzaのタイトルやプラットフォームの企画・開発・運営にはパートナーとして引き続き深く関与していく予定で、enza向けのサービス売上やレベニューシェアなどが計上されていく見通しだ。
 


 
(編集部 木村英彦)
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ドリコム19年10-12月決算バンダイナムコネクサス(旧BxD)

企業情報(株式会社ドリコム)

会社名 株式会社ドリコム
URL http://www.drecom.co.jp/
設立 2001年11月
代表者 内藤裕紀
決算期 3月
直近業績 売上高131億9200万円、営業利益1億9000万円、経常損益2900万円の赤字、最終損益2億0400万円の赤字(2018年3月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 3793

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事