20年1-3月決算、ソニーに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ソニー音楽分野、20年3月期はEMIの連結寄与とストリーミン...

ソニー音楽分野、20年3月期はEMIの連結寄与とストリーミング売上で増収 一時利益がなくなり営業減益 『Fate/Grand Orde(FGO)』は減収

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


ソニー<6758>は、この日(5月13日)に発表した2020年3月通期の連結決算で、音楽分野の売上高について、前の期比で5%増の8499億円だったことを明らかにした。EMIの連結子会社化と、ストリーミング配信の売上増が主な要因とのこと。

また、音楽分野のサービスのひとつと位置づけられている『Fate/Grand Order』については減収だったという。ソニーによると、同タイトルの属する「映像メディア・プラットフォーム」の売上高は、同18.2%減の2139億円だった。

営業利益については、同38.8%減の1423億円だった。増収効果があったものの、前の期にあったEMIの連結子会社化による再評価益1169億円という一時的な利益の効果がなかったためだ。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( Fate/Grand Order(FGO)20年1-3月決算ソニー

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事