20年1-3月決算、バンダイナムコホールディングスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > バンナムHD、『ドラゴンボール』関連の20年3月期の売上高は...

バンナムHD、『ドラゴンボール』関連の20年3月期の売上高は4.5%増の1349億円、1~3月も470億円と過去最高を更新 IP別売上高を開示

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
バンダイナムコホールディングス<7832>は、本日(5月20日)、2020年3月通期の決算を発表するとともに、IP別売上高を開示し、『ドラゴンボール』が前の期比4.5%増の1349億円とトップだったことを明らかにした。第3四半期段階での見通しである1225億円を124億円上回った。

四半期別に見ると、第4四半期では前年同期比23.0%増の470億円と過去最高を更新したことがわかった。四半期別の売上高の推移は以下のとおり。

 


『機動戦士ガンダム』が変わらずの781億円、『ワンピース』が14.8%増の349億円、『仮面ライダー』が6.4%増の312億円、『NARUTO』が17.7%減の130億円と続いた。

 


また、国内トイホビーでは、『機動戦士ガンダム』が9.8%増の357億円でトップとなった。プラモデルやコレクターズフィギュア等のハイターゲット層(大人層)向けの商品が好調だったとしている。以下、『仮面ライダー』が4.4%増の285億円、『ドラゴンボール』が1.4%増の207億円となった。

 


【関連記事】
バンナムHD、20年3月期の営業益は6.3%減の787億円 ゲームと映像音楽、AM事業が苦戦 大人向け好調のトイホビー伸びる
バンナムHD、スマホゲームの第4四半期の売上は6.5%減の551億円 DBやワンピ、アイマスなど主力が安定推移
バンナムHD、同社とバンナムアミューズメントの役員9名の報酬を減額…AM施設などの休業継続を踏まえて
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( バンダイナムコホールディングス20年1-3月決算

企業情報(株式会社バンダイナムコホールディングス)

会社名 株式会社バンダイナムコホールディングス
URL http://www.bandainamco.co.jp/
設立 2005年9月
代表者 代表取締役社長 石川 祝男/代表取締役副社長 上野 和典
決算期 3月
直近業績 売上高6200億円、営業利益632億円、経常利益632億円、当期純利益441億円(2017年3月期)
上場区分 東証1部
証券コード 7832

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事