20年1-3月決算、バンダイナムコホールディングスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > バンナムHD、20年3月期の営業益は6.3%減の787億円 ...

バンナムHD、20年3月期の営業益は6.3%減の787億円 ゲームと映像音楽、AM事業が苦戦 大人向け好調のトイホビー伸びる

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
バンダイナムコホールディングス<7832>は、本日(5月20日)、2020年3月通期の連結決算を発表し、売上高7239億8900万円(前の期比1.1%減)、営業利益757億7500万円(同6.3%減)、経常利益797億9700万円(同8.1%減)、最終利益576億6500万円(同9.0%減)だった。

第4四半期において新型コロナウイルス感染拡大による影響が発生したものの、国内外のハイターゲット層(大人層)に向けた商品が人気となったトイホビー事業が好調に推移したほか、各事業の主力IP商品・サービスが安定的に推移した。

 


セグメントごとの経営成績は、次のとおりである。


[トイホビー事業]
トイホビー事業については、国内において「機動戦士ガンダム」シリーズのプラモデルやコレクターズフィギュア等のハイターゲット層(大人層)向けの商品、「DRAGON BALL」シリーズや「仮面ライダー」シリーズ、「スーパー戦隊」シリーズ、「ワンピース」等の定番IPの玩具及び周辺商品が好調に推移した。

海外においては、アジア地域においてハイターゲット層に向けた商品や「ウルトラマン」シリーズ等の商品が人気となった。欧米地域では、ハイターゲット層に向けた商品の販売・マーケティング強化に向けた取組みを推進した。

この結果、トイホビー事業における売上高は2537億1400万円(同4.5%増)、セグメント利益は267億3300万円(同23.1%増)となった。


[ネットワークエンターテインメント事業]
ネットワークエンターテインメント事業については、ネットワークコンテンツにおいて、ワールドワイド展開している「DRAGON BALL」シリーズや「ワンピース」、国内の「アイドルマスター」シリーズ等の主力タイトルがユーザーに向けた継続的な施策により安定的に推移した。

家庭用ゲームにおいては、新作タイトル「ドラゴンボールZ KAKAROT(カカロット)」や「CODE VEIN(コードヴェイン)」が人気となったほか、既存タイトルの「DRAGONBALL」シリーズや「TEKKEN(鉄拳)7」、「DARK SOULS(ダークソウル)」シリーズ等のリピート販売が、ユーザーに向けた継続的な施策により海外を中心に人気となった。

この結果、ネットワークエンターテインメント事業における売上高は3280億7900万円(同3.8%減)、セグメント利益は438億7900万円(同7.7%減)となった。


[リアルエンターテインメント事業]
リアルエンターテインメント事業については、アミューズメント施設において、国内既存店売上高が安定的に推移したほか、バンダイナムコならではの体験を楽しむことができる“場"を提供する新業態の展開を推進した。

しかしながら、第4四半期において新型コロナウイルス感染拡大を受け、国内外の施設を休業した影響を受けた。業務用ゲームは新製品投入の延期等により、大型タイトルの発売や人気タイトルのバージョンアップがあった前期に及びなかった。また、足元の市場環境を踏まえ、業務用ゲームの仕掛品等の評価損を計上したほか、一部施設に係る減損損失を特別損失に計上した。

この結果、リアルエンターテインメント事業における売上高は917億5300万円(同9.6%減)、セグメント損失は15億0200万円(前期は42億6400万円の黒字)となった。


[映像音楽プロデュース事業]
映像音楽プロデュース事業については、「アイドルマスター」シリーズや「ラブライブ!サンシャイン!!」、「アイドリッシュセブン」等の映像音楽パッケージソフトの販売やライブイベントの開催、「ガールズ&パンツァー」の新作映像の劇場公開等のIPプロデュース展開により、話題喚起をはかり人気となった。

しかしながら、複数の高付加価値パッケージソフトの発売があった前期とのプロダクトミックスの違い、第4四半期において新型コロナウイルス感染拡大を受けイベント開催の延期や自粛を行ったこと等により、利益面においては前期には及びなかった。

この結果、映像音楽プロデュース事業における売上高は469億5100万円(同3.1%増)、セグメント利益は80億3200万円(同8.7%減)となった。


[IPクリエイション事業]
IPクリエイション事業については、映像製作においては、40周年を迎えた「機動戦士ガンダム」シリーズ等において新作映像の公開や様々な情報の発信によりIPの話題喚起をはかり人気となった。また、IP創出強化に向け、グループ横断での取組みやアニメ製作体制強化等の施策を推進した。なお、プロダクトミックス等の違いにより、利益面においては前期を上回った。

この結果、IPクリエイション事業における売上高は197億5000万円(同12.1%減)、セグメント利益は57億5800万円(同14.7%増)となった。


[その他事業]
その他事業については、グループ各社へ向けた物流事業、印刷事業、その他管理業務などを行っている会社から構成されており、これらのグループサポート関連業務における効率的な運営に取り組んでいる。

その他事業における売上高は357億5200万円(同20.1%増)、セグメント利益は18億6400万円(同55.7%増)となった。



2021年3月期の見通し
なお、2021年3月期の業績予想は未定。新型コロナウイルス感染拡大の影響が多岐にわたり、現時点では適正 な業績予想の算定が困難であるため、としている。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 20年1-3月決算バンダイナムコホールディングス

企業情報(株式会社バンダイナムコホールディングス)

会社名 株式会社バンダイナムコホールディングス
URL http://www.bandainamco.co.jp/
設立 2005年9月
代表者 代表取締役社長 石川 祝男/代表取締役副社長 上野 和典
決算期 3月
直近業績 売上高6200億円、営業利益632億円、経常利益632億円、当期純利益441億円(2017年3月期)
上場区分 東証1部
証券コード 7832

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事