セガ エックスディーに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームMarketing記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > セガXD、企業のマーケティング支援向けパズルゲームエンジンを...

セガXD、企業のマーケティング支援向けパズルゲームエンジンを開発 第1弾として関西電力のキャラクター「はぴ太」を用いたパズルゲームを提供

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ


セガ エックスディーは、本日(4月14日)、企業のマーケティング支援向けパズルゲームエンジンを開発し、サービスの提供を開始したことを発表した。導入第1弾は関西電力のキャラクター「はぴ太」を用いたパズルゲームとなる。

昨今の企業のマーケティング活動では、生活者の可処分時間の奪い合いが激化している。企業がエンドユーザーのロイヤリティを強化するためには、リッチなブランド体験の提供や、コンテンツの接点を増やし、高頻度かつ高品質なコミュニケーションを行う必要がある。

しかし、これらの実施には多額の費用や、運用リソース、コミュニケーションリテラシーが必要になるため、どの企業も実施は容易ではなかった。

そこで、過去のクライアント企業の課題解決や、培ってきたロイヤリティを高めるノウハウを活かしたゲームエンジンを開発した。ゲームジャンルは幅広い層から人気のあるパズルゲームを採用することで、様々な企業のマーケティング支援を行っていく。


 

パズルゲームエンジン導入第1弾は、関西電力のキャラクター「はぴ太」に合わせて開発した「はぴ太のワールドツアーズ~世界の果てまでレッツゴー!~」となる。

ゲームは、関西電力会員向けサービス「はぴeみる電」で配信している。パズルゲームは、「ステージクリア形式の3マッチパズル」「期間限定ランキングモード」「アバターシステム」「ガチャシステム」の4要素で構成されている。
 


これにより、会員がゲームを目的に「はぴeみる電」にアクセスを行なうため、サービスへのアクセス頻度と回遊性が高まり、サービス全体の活性化を実現する、としている。

また、既存の会員向けポイント機能との連携により、ゲームのプレイ回数を回復する機能も搭載しており、各会員が保有するポイントの活用方法として、新たな価値を提供するとのこと。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( セガ エックスディーセガ

企業情報(株式会社セガ)

会社名 株式会社セガ
URL http://sega-games.co.jp/
設立 2015年4月
代表者 里見 治紀/杉野 行雄/松原健二
決算期 3月
直近業績
上場区分 非上場
証券コード

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事