21年1-3月決算、ディー・エヌ・エー(DeNA)に関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > DeNA、21年3月期は売上高12%増、大幅黒字転換を達成 ...

DeNA、21年3月期は売上高12%増、大幅黒字転換を達成 「Pococha」を中心としたライブストリーミング事業が急成長 ゲーム事業も2ケタ増収増益に

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
ディー・エヌ・エー(DeNA)<2432>は、5月7日、2021年3月期の連結決算を発表、スポーツ事業は新型コロナウイルス感染症の拡大の影響を受けたものの、ライブストリーミング事業やゲーム事業の増収でカバーし、2ケタの増収を達成した。

なお、2020年3月期は511億6500万円の減損損失計上が大幅な赤字計上の要因となっていたが、今期はその一時費用がなくなったことで大幅な黒字転換となっている。

売上収益1369億7100万円(前々期比12.8%増)
営業利益224億9500万円(前々期456億7600万円の赤字)
税引前利益312億5900万円(同402億3500万円の赤字)
最終利益256億3000万円(同515億3800万円の赤字)
 

なお、各セグメントごとの状況は以下のとおり。

①ゲーム事業…売上収益913億700万円(前々期比8.9%増)、セグメント利益188億6900万円(同32.6%増)
多くの既存のタイトルが堅調に推移するとともに、前連結会計年度以降に国内外で配信を開始したタイトルの貢献も加わり、ユーザ消費額は前連結会計年度比で増加した。費用面では、減価償却費等が前連結会計年度比で減少し、前連結会計年度比で増収増益となった。

②スポーツ事業…売上収益128億2100万円(同36.5%減)、セグメント損益35億8900万円の赤字(前年同期12億300万円の黒字)
2020年シーズンのプロ野球の公式戦は、2020年6月19日から無観客での開幕となり、その後は、観客数の上限を段階的に緩和しながらの試合実施となった。2021年シーズンは、新型コロナウイルス感染症拡大の影響が継続しているが、3月下旬に開幕した。

③ライブストリーミング事業…売上収益242億1100万円(同164.9%増)、セグメント利益51億9100万円(前年同期13億5600万円の赤字)
ライブストリーミングの領域では、成長に向けた投資を継続的に行ってきたが、「Pococha(ポコチャ)」を中心に好調に推移している。なお、2020年6月30日を期日とした保有株式の一部譲渡により、SHOWROOMは持分法適用関連会社となったため、第2四半期連結会計期間よりセグメント別の業績には含んでいない。

④ヘルスケア事業…売上収益20億9900万円(同17.5%増)、セグメント損益11億9400万円の赤字(前年同期15億5900万円の赤字)
「MYCODE(マイコード)」「kencom(ケンコム)」「歩いておトク」など、ヘルスケアサービスの分野における既存の提供サービスの利用は堅調に推移した一方で、ヘルスケア型保険をはじめ、将来に向けた先行投資を行った。

⑤新規事業・その他…売上収益68億2600万円(同2.0%増)、セグメント損益1億6200万円の赤字(前年同期89億100万円の赤字)
中長期での事業ポートフォリオの強化を目指した各種取り組みおよび、EC事業におけるサービスを含んでいる。なお、前々期には旧オートモーティブ事業における積極的な投資を含んでいる。

■2022年3月期予想は非開示
なお、2022年3月期通期の連結業績予想は非開示。合理的な数値の算出が困難であるため、開示を見合わせているという。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 21年1-3月決算ディー・エヌ・エー(DeNA)

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事