21年1-3月決算、スクウェア・エニックス・ホールディングスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > スクエニHD、HDゲームの21年3月期の売上は130%増の9...

スクエニHD、HDゲームの21年3月期の売上は130%増の966億円 「FF VII REMAKE」など大型タイトルを発売

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ


スクウェア・エニックス・ホールディングス<9684>は、ゲーム事業におけるHD(High-Definition:ハイディフィニション)ゲームの前期第4四半期(21年1~3月)の売上高が前年同期比36.1%増の200億円だったことを明らかにした。この四半期では、「BRAVELY DEFAULT II (ブレイブリーデフォルト2」を発売した。
 


なお、通年では、前の期比で130%増の966億円だった。同社では、「FINAL FANTASY VII REMAKE」「Marvel's Avengers(アベンジャーズ)」等の大型タイトルの発売があったことに加え、カタログタイトルの販売が好調に推移したこと、ライセンス収入などが計上されたことなどが主な要因としている。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( スクウェア・エニックス・ホールディングス21年1-3月決算

企業情報(株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス)

会社名 株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス
URL http://www.square-enix.com/
設立 1975年9月
代表者 松田洋祐
決算期 3月
直近業績 売上高2605億円、営業利益327億円、経常利益320億円、最終利益213億円(2020年3月期)
上場区分 東証一部
証券コード 9684

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事