ドリコムに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ドリコム、2013年3月期の業績予想を下方修正…利益予想を9...

ドリコム、2013年3月期の業績予想を下方修正…利益予想を92.9%減額

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ

ドリコム<3793>は、この日(10月31日)、2013年3月期の業績予想を下方修正し、売上高80億円(前回予想110億円)、営業利益1億円(同14億円)、経常利益1億円(同14億円)、当期純利益6000万円(同8億4000万円)とした。

従来予想からの修正率は、売上高27.3%減、営業利益92.9%減、経常利益92.9%減、当期純利益92.9%減となる。

 

 

同社では、第2四半期の業績が計画未達となったことに加え、人気ソーシャルゲーム「戦国フロンティア」のシステムを基にした新作を複数リリースしたものの、ユーザーから十分な支持を得られなかったこと、スマートフォンの普及に伴いブラウザゲームの利用減が続く見通しとなったため、と説明している。

 

■第2四半期の連結決算

同時に、第2四半期(4-9月期)の連結決算も発表し、売上高41億6600万円(前年同期比55.4%増)、営業利益1億6600万円(同70.1%減)、経常利益1億6600万円(同70.4%減)、四半期純利益9300万円(同83.4%減)だった。

 

 

同社では、新作ゲームがユーザーの十分な支持を得られず、スマートフォンへの移行に伴うブラウザゲームの利用者減少も影響し、新作ゲームのDAU(一日あたりのサービス利用者数)は計画を下回ったとのこと。一方、減少傾向が見られた「陰陽師」や「ちょこっとファーム」など既存ゲームの売上は底入れし、堅調な推移だったという。

費用面では、リリースの集中に合わせた体制強化が一段落し、人件費の増加ペースが一巡した反面、新作リリース後は運用本数増加によるコスト増に加え、ソフトウェア償却費用が発生したほか、リリース集中にあわせ広告宣伝費を投下した。アドソリューション事業では、動画を利用したリワード広告が好評を得て、掲載メディアと出稿クライアント両面の拡大が進んだが、仕入高や通信費などの売上連動費用が増加した。

なお、投資段階にあるソーシャルラーニング事業では、7月18日に学習アプリの第2弾「グルタン 英単語で世界周遊」をリリース。リリース後は利用者の動向を分析し、順次改善を進めている。

セグメント別の損益は、エンタメウェブが売上高37億6500万円(前年同期比57.1%増)、セグメント利益2億6900万円(同53.5%減)だった。またマーケティングソリューションは、売上高4億2300万円(同46.2%増)、セグメント損失1億円だった。

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ドリコム

企業情報(株式会社ドリコム)

会社名 株式会社ドリコム
URL http://www.drecom.co.jp/
設立 2001年11月
代表者 内藤裕紀
決算期 3月
直近業績 売上高131億9200万円、営業利益1億9000万円、経常損益2900万円の赤字、最終損益2億0400万円の赤字(2018年3月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 3793

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事